5月のお菓子・日向夏と米粉のバターケーキ

5月のお菓子・日向夏と米粉のバターケーキ_a0392423_21263919.jpg

 先日ことこと仕込んだ「自家製日向夏ピール」をどんなお菓子にしようかな~?とずっと考えていて…5名分じゃ争奪戦過ぎるし、10名分は欲しいかな。物足りなさがあってはかえって欲求不満になってしまうから、最大限の効果が引き出せるような配合にしないとね、などとあれこれ考えて、こちらになりました(笑)。パウンド型で焼くバターケーキです。


5月のお菓子・日向夏と米粉のバターケーキ_a0392423_21264741.jpg



 こちらの自家製日向夏ピールを細かく刻んだものをバターケーキに混ぜ込みます。この生地、米粉で作ってみたらものすごーくしっとりした口どけになって嬉しい。バターのすり混ぜもなくとっても手軽な工程なのに、とっても美味しいのです~♪

5月のお菓子・日向夏と米粉のバターケーキ_a0392423_21264103.jpg

 
 これまでにも何回か砂糖衣をまとったバターケーキをご紹介してきましたが、今回のレモン風味の砂糖衣はまた配合を変えています。今までに比べると表面の「シャリシャリ感」は残りやすくなっていますが、やはり湿度の高い日本のこと、どうしてもぺたぺたと溶け出してしまいがちなので、なるべくお早めにお召し上がりくださいね。

 18cmのパウンド型で焼き、(くっついてしまうと困るので包まずに)箱に入れてのお持ち帰りです。香りよくしっとりしたバターケーキにきゅんと甘酸っぱいレモンの砂糖衣。今回はピールの分量の都合でメンバー様限定12名までとさせて頂きます。参加費は5,000円です。ご興味のある方はどうぞお早めにお知らせくださいね♪(28日現在、あと1名様です!)

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村



# by farine12 | 2024-04-26 23:23 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

5月のお菓子・鯉のぼりケーキ

5月のお菓子・鯉のぼりケーキ_a0392423_23105782.jpg
 
 無事にHP更新しましたので、今夜からひとつずつ、詳しくご紹介してゆきますね。
 
 初節句を前に「鯉のぼりのケーキが登場したら嬉しいのですけれど~♡」とリクエストくださったのはKさん。お引き受けしたのはいいものの、あれ?鯉のぼりってどんな顔だったかな?口は?胸びれは?尾びれは?いや、目はどうすれば…?とあれこれ考え出したら思考停止してしまいました(笑)。Kさんが撮影された鯉のぼりの画像を送って貰ったり、鯉のぼりケーキの画像検索したりしながら、こんな感じに落ち着きました♪

5月のお菓子・鯉のぼりケーキ_a0392423_23110153.jpg

 主役のお子さんはもちろんですが、親御さん、ご親戚など幅広い世代が集まる日でもありますから、バランス良く食べやすい組み合わせがいいだろうなぁ…と考えて、ココアスポンジに豆乳ホイップクリームを合わせてみました。ロールケーキとしてのカタチも整いやすいように芯をしっかり作りましょう!と、バナナを巻き混むことに♪クレープなどでもよく見かける「チョコスプレー」をアクセントに散らしています。



5月のお菓子・鯉のぼりケーキ_a0392423_23112801.jpg

 表面にも豆乳ホイップを塗り、スライスした苺で鯉のぼりを表現しました~♪本当は「目」からボディまでの間がもっと空いている方が「らしい」のですけれど、なるべく多くの苺を飾りたいなとつい、思ってしまって。そういう意味では右端までびっしり「鱗」としての苺を敷き詰めてしまうのもいいかもしれません。クリームの余白を作らずにV字にケーキを切ってもいいかもしれませんし、皆さまのイメージされる鯉のぼりデザインを作ってみてくださいね♪

 ふんわりココアスポンジと、さっぱり軽い豆乳クリーム、バナナと苺のハーモニー。あっそうそう、「目」は直接描くとプレッシャーかも、と思ったのでチョコレートで作って「乗せる」方式を選びました。スポンジを冷ましている時間などを利用して、存在感のある「目」を作りましょうね~(笑)

 鯉のぼりピックの仕入れ都合で一応10名様限定とさせて頂きます。苺のシーズンもそろそろお終い。入手できる苺のサイズや品種によって、少しビジュアル変わってしまいそうですが何卒ご了承ください。参加費は粉工房メンバーの方は4,500円、ビジターの方は5,500円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
# by farine12 | 2024-04-25 23:38 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

生徒さんの作品紹介5

生徒さんの作品紹介5_a0392423_01552879.jpg

 4月の単発メニュー「レモンプチケーキ」の仕上げ、ホワイトチョコを絞っているのはSさん。「このお菓子良い香りがするねぇ~♪オーブンから出てきたときはもうそのままで充分美味しそう!って思ったけど、やっぱりこうしてひと手間掛けると、嬉しくなるね~♪」と仰っていました。

生徒さんの作品紹介5_a0392423_01553162.jpg
 
 同時進行の「毎日のバナナマフィン」と一緒にパチリ☆「マフィンはやっぱり小腹が空いたときにほんとうに便利だった!レモンケーキはパクパク家族に食べられると悲しいから、まとめて出しておかずに、ちょっとずつお茶のときに渡すようにしてたのよ~」とご報告くださいました。



生徒さんの作品紹介5_a0392423_01553639.jpg


 Mさんは「ピンクのロール2016」の仕上げ、苺チョコガナッシュをたらりんと掛けているところ。それこそ前に登場したとき参加してくださっていますが、「おうちではなかなかここまでは…スポンジを焼く、巻く、まではタイミングを見ながら隙間に出来るかもしれませんが、まとまった時間を集中して、っていうのは難しくて。」とのことでした。

生徒さんの作品紹介5_a0392423_01553992.jpg


 小さいお子さんふたりいらっしゃると目も離せないでしょうし、常に気を配っているのは相当に神経を使うことと思います。お菓子を作りにきてくださって、ちょっと気分転換になったらほんとうに嬉しいです。「毎日のバナナマフィン」はちょっと気楽に作って頂けるといいなと思っています♪

生徒さんの作品紹介5_a0392423_01554277.jpg

 「桜のメレンゲ」をどんな感じで缶に詰めていくか…ちょっと思案中なのはIさん。「うちでも食べたいし、親戚にも送りたいし…(笑)」とニコニコされていました。


生徒さんの作品紹介5_a0392423_01554585.jpg

 同じく、「桜のメレンゲ」をオーブンシートから剥がしているのはKさん。基本的におふたりで同じメニューを作られることが多いので、メレンゲは時間差でオーブンに入れることにしました。


生徒さんの作品紹介5_a0392423_01554813.jpg

 おふたりとも「レモンプチケーキ」を同時進行で作られましたので、小分けラッピングした姿がもうとにかく可愛くて♪

生徒さんの作品紹介5_a0392423_01555319.jpg


 「義母にプレゼントしたいからイニシャルはYにして…レモンケーキだけじゃなくこのメレンゲも一緒に入れてみます~♪」と詰め合わせにされていました。確かにこの組合わせ、最強ですね♡

 IさんもKさんも、ご家族の皆さんメレンゲが大好きだそうで「これはきっと喜ぶわ~♡」とのことでした。レモンプチケーキのボート型も購入予定だそうで、気に入ってくださって良かったです!

 さて、ホームページ更新が近づいております。もうほんと、毎月、あっという間に過ぎてゆきますね~(苦笑)今回は通常通り25日の「夜」に編集しますので、皆さん未明から張り込まずにゆったり(?)お待ちくださいね。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村



# by farine12 | 2024-04-23 23:59 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

日向夏でピールとジャム



日向夏でピールとジャム_a0392423_10245694.jpg


 たくさん頂いた日向夏で「ピール作り」と「ジャム作り」をしたときの振り返りブログです。せっかくの無農薬なので絶対にピールに加工したい!と思って、レッスンが立て込んでいない時を見計らって、ひたすら皮を剥きました。


日向夏でピールとジャム_a0392423_10251095.jpg


 
 夏みかんほどは皮も厚くないし…と思いつつ、2回しっかりと茹でこぼしました。

日向夏でピールとジャム_a0392423_02110245.jpg


 あとは砂糖を3回に分けて加えながら、しばらくことこと煮てゆきます。紙の落とし蓋は必須です♪冷めるときに味が入ってゆくので、数時間おいて砂糖を加えてまた煮て、冷めてからまた砂糖を足して…と繰り返します。砂糖液も染みこんで透明感のある仕上がり。




日向夏でピールとジャム_a0392423_02105673.jpg

 この間にひたすら、今度は果肉を房から取りだしてゆきます。地味に大変(笑)。なるべく種が入らないようにしながら、ひたすら剥いて剥いて。加熱する前は鮮やかな黄色です。


日向夏でピールとジャム_a0392423_02110603.jpg


 少し煮詰まってきてから市販のペクチンも追加して、もう少しだけ煮詰めたものがこちら。数年前は皮や種を不織布の出汁パックなどに詰めて一緒に煮て、天然のペクチンでとろみを付けていましたが、どうしても出来上がりが苦く感じられてしまうので最近はペクチンを加えて安定させています。黄色から深いオレンジ色に変化してゆくのもなんだかワクワクします。



日向夏でピールとジャム_a0392423_02111097.jpg


 ここでピールに戻って。しばらくシロップの水分を切る目的で、広げて乾かしているところ。あまり長く放置してしまうと「かぴかぴ」になりすぎて食感が硬くなったり、このあとまぶすグラニュー糖がくっつかなくなってしまうので要注意。何時間くらい置くかはそのときの煮詰め加減・室温・気温で変わってきます。




日向夏でピールとジャム_a0392423_02111368.jpg


 グラニュー糖をまぶしてキラッキラな姿♪時間と共に砂糖が溶けてシロップを纏ったような姿になるので、意外とこのキラキラ寿命は短めなんです。この姿をおさめられるのは作った人の特権ですね~♡このあとしばらくしてからジッパー付きの袋に詰めて冷凍保存しました。何に使うか、ゆっくり考えます♪



日向夏でピールとジャム_a0392423_02111786.jpg

 皮を剥いたり、水分を飛ばしながらずっとかき混ぜたり、と、黙々と作業していたジャム作りもこれで完了。皮はすべて「ピール作り」に回したため、こちらのジャムには皮は一切入っていなくて、マーマレードとは名乗れません(笑)完全に果肉のみのジャム。これはこれで贅沢ですね~!何が良いかな、と思って先日ホワイトチョコムースに合わせた写真を先にご紹介しましたが…レッスンメニューで出すには分量が限られていますので、やっぱりお茶の時間に味見して頂く感じでしょうか。

 いつもたくさんの日向夏をくださり、ありがとうございます♡今年も「ことことしごと」堪能しました♡

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。





# by farine12 | 2024-04-19 23:59 | 色、いろいろ/Colors | Comments(0)

日向夏のジャム

日向夏のジャム_a0392423_02083464.jpg


 先日たっくさんの日向夏を頂いたので…レッスンの立て込んでいないタイミングでせっせと「ピール作り」と「ジャム作り」をしました。ピールは2日掛かりなので(笑)その間に果肉を取りだし、ことことことこと。柑橘系は水分が多いので煮詰まるまでになかなかの時間が掛かります。この4年ほどは市販のペクチンも使ってちょっぴり時短に仕上げています。

 ピール作りとジャム作りの様子は改めて写真と共に振り返りたいと思いますが、今回はこの1枚だけ先に(笑)。ホワイトチョコムースに日向夏のジャムをソース代わりに乗せてみました♪ホワイトチョコだけだと結構甘さが目立つので、こうして酸味とかすかなほろ苦さのある日向夏ジャムはとっても相性が良かったです♪皮はすべて「ピール作り」に回してしまったため、こちらは「マーマレード(皮も入る)」ではなく、あくまでも「果肉だけのジャム」なので、なかなかに贅沢♡幸せなお茶時間となりました。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。


# by farine12 | 2024-04-16 00:30 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou