<   2020年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2月のお菓子・ホワイトストロベリー2020


2月のお菓子・ホワイトストロベリー2020_a0392423_09192131.jpg


 2月単発メニューの最後は「ホワイトストロベリー」。粉工房で定番人気の「卵白のロールケーキ」です。まっしろでしっとりもっちり食感で、「米粉ですか?」と聞かれることも多い、独特の食感です。

 以前ご紹介した時は自家製レモンペーストを混ぜ込んだクリームを巻きましたが、今回は練乳クリームです♪ ミルク感が強くなった濃厚なクリームに苺の酸味がとっても良く似合います♪

 ハート型にカットした苺と、ピック ハートレース柄(ピンク) を乗せてアクセントにしています。ところどころ、ピスタチオをトッピングして苺の色がよりきれいに見えるように。シンプルな可愛らしさになって、女性の多いところへの差し入れなどにもオススメですよ。

 参加費は粉工房メンバーの方は4,000円、ビジターの方は5,000円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。


by farine12 | 2020-01-31 09:45 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

2月のお菓子・チョコレートスコーン

2月のお菓子・チョコレートスコーン_a0392423_08544028.jpg
 ここ1か月ほど、いえ、もっと長いでしょうか、「ティールーム風スコーン」(1月のメニュー)とこちらの「チョコレートスコーン」をほぼ交互に焼き続けてお茶菓子でお出ししたり、アンケートのお礼にお渡ししたりしていたので(笑)「いつ登場するんですか?」と、よく聞かれていました。個人的には大の焼き菓子好き・粉モノ好きなので、もう毎月定番でスコーンご紹介しちゃう?なんて気をよくしつつ、そうそうスコーン好きの方も多くあるまい、なんて躊躇もあり・・・

 でも、ここはやはりバレンタイン月間で、気楽にお渡しできるもの、ひとつだけでもそこそこボリュームのあるものも必要かなぁと(笑)。

 ココアとチョコチップをたっぷり加えて、ほろほろ系のスコーン。マーマレードとの相性はさらに抜群♪

2月のお菓子・チョコレートスコーン_a0392423_08545485.jpg

 約14個の出来上がり。写真では5個ずつ タートルパックBP-20-15 に詰めて、レースペーパーをかけてラッピングしています。タグをつけても、シール+リボンでも可愛いですよね。とにかく配りたいんですっ!という方には、1枚目の画像のようにひとつずつをテトララッピングにしてもいいですね♪

 粉工房メンバーの方は参加費4,000円、ビジターの方は5,000円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いいたします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


by farine12 | 2020-01-30 09:40 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

2月のお菓子・抹茶チーズケーキ

2月のお菓子・抹茶チーズケーキ_a0392423_22551374.jpg

 2月といえばバレンタイン!なのですが、中にはチョコレートが苦手な方もいらっしゃいますし、あちらこちらで見たり食べたりして食傷気味、という方もいらっしゃるでしょうから…と、毎年「チョコ以外」のお菓子もご紹介するようにしています。

 今回は2年振り2回目の登場、「抹茶チーズケーキ」です。スポンジケーキを土台にして、抹茶をきかせたスフレチーズケーキを流し入れ、湯煎焼しています。膨らんだ後に萎むので、毎回「ひび割れ」の表情が違うのも味わいです。

 冷めてから粉砂糖とホイップクリーム、苺カットを乗せて出来上がり。ふわ、とろ、まったり~、のくちどけを楽しんで頂けたらと思います。15㎝丸型で作製、粉工房メンバーの方は参加費4,000円、ビジターの方は5,000円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村




by farine12 | 2020-01-29 09:20 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

2月のお菓子・ラング ド シャ

2月のお菓子・ラング ド シャ_a0392423_09014267.jpg


 常温で大丈夫で、自宅用にもギフトにもなって、さらに嬉しい気分になるものは何かな…?と考えていた時に、目に留まったのが可愛い缶でした。Candy缶 スクエア サクラ と Candy缶 スクエア バニラ です♪ 取り寄せてみたら思った通りの可愛らしさ。12㎝の正方形なのも小さすぎず大きすぎずで使いやすそう♪ 久しぶりにラング・ド・シャにしてみようと思い立ち、ちょっとカラフルにしてみました。


2月のお菓子・ラング ド シャ_a0392423_09020909.jpg
 プレーンと苺パウダー入りの2色の生地を小さめに絞って焼き、苺チョコレート・ホワイトチョコレート・スイートチョコレート・抹茶を加えたホワイトチョコ、の4色をサンドしました♪3㎝程度の小ぶりのラング・ド・シャが全部でおおよそ46個できる予定です。(大きく絞ってしまうと出来上がりが少なくなりますから要注意です(笑))

 今回は写真に撮った時に色味が分かるほうが良いと思って、チョコを厚めにサンドしたのですけど…これ、可愛いんですけど、ちょっと硬いです(笑)。常温保存OKにするために生クリームは入れず、クーベルチュールチョコレートを簡単テンパリングでサンドするので、チョコを厚くするとそのぶん食感が硬くなります。市販のもののように薄くサンドするとサクサクに。ご自分やご家族、ギフトにしたいお相手のことをちょっと思い浮かべて、硬くても見た目優先にするか、横からチョコが見えなくても食べやすさを優先するか、決めてくださいね(笑)。

 2缶に分けて cotta 紙帯 北欧花柄(ピンク) cotta 紙帯 北欧花柄(グレー) をかけてお持ち帰りです。シンプルですが可愛すぎて差し上げられずに手元に置いておきたくなってしまうかもしれませんね(笑)。粉工房メンバーの方は参加費4,500円、ビジターの方は5,500円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村



by farine12 | 2020-01-28 12:25 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

2月のお菓子・ピスタチオのスノーボール

2月のお菓子・ピスタチオのスノーボール_a0392423_01132005.jpg

 年々その魅力に引き込まれるひとが増殖中のピスタチオ。色鮮やかなグリーンピスタチオはイラン産のものがほとんどなので、どうかこれからも、安定して入手できることを願うばかりです。

 cottaさんで取り扱いの「ピスタチオパウダー200g」を最初に見つけた時には、高価なピスタチオ製品がこんなお手頃価格で入手できるとは!と嬉しくなったものです(笑)。タルトレッスンやバターケーキでもときどきご紹介してきましたが、今回はすごく久しぶりにスノーボールクッキーで再登場です。

 SKカラー SL-78Mリーフグリーンにレースペーパーを敷いて5~6粒づつ乗せ、規格袋 D-4 マット にいれたのち、テイスティシール ピスタチオ をアクセントに。シンプルなラッピングで、ほんの気持ち、差し入れしたいときなんかにピッタリですよ。

 ほろほろと崩れる柔らかなくちどけに、ピスタチオならではの華やかな余韻。40粒ほど出来上がり、参加費は粉工房メンバーの方は3,800円、ビジターの方は4,800円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


by farine12 | 2020-01-26 23:59 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

2月のお菓子・ココクランベリー

2月のお菓子・ココクランベリー_a0392423_22405126.jpg


 さきほどHP更新終わりました♪ バレンタインはやはり、「配れるお菓子」「日持ちするお菓子」を希望される方が多いので、焼き菓子多めでお届けします(笑)。

 第一弾は、ココナツとクランベリー、蜂蜜、アーモンドパウダーを使った香りのよいケーキ。バターのかわりに生クリームを使っているので、力の要るすり混ぜもなく、とても手軽です。冷めてからホワイトチョコレートをトップにつけて、ピスタチオ・フリーズドライラズベリー・銀箔でアクセントをつけています。アラザンやカラーシュガーでも可愛くなりそうですね♪

 今年は可愛らしい雰囲気にしてみよう、と思ったので、ピンクのボックスを選びました。アーチ もも 3×7 に5個づつ入れて、レースペーパードイリーC190径 をかけ、ちょっとハリのあるペーパーリボンを掛けているんです。


2月のお菓子・ココクランベリー_a0392423_22410268.jpg

 こんな感じで入っています♪ 中に仕切りがあるのでケーキがずれにくく、とっても入れやすいですよ。ほんの少しドーム状にカーブがあるので、シンプルな構成ながらとても可愛らしいボックスなんです。ご覧になった生徒さんが「ウェディングの引菓子みたいですね♪とっても可愛い♡」と褒めてくださってました。

 蜂蜜効果でしっとり感が続く焼き菓子なので、日持ちは常温で5日間ほど。10個分できあがり、2箱に分けてのお持ち帰りとなります。粉工房メンバーの方は参加費4,200円、ビジターの方は5,200円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いいたします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


by farine12 | 2020-01-25 23:09 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

チョコスコーンと。

チョコスコーンと。_a0392423_09165063.jpg

 一度嵌ると焼き続けるスコーンたち。こちらはココアとチョコチップで、今月ご紹介している「ティールーム風スコーン」とはまったく別配合です。どちらかというと↑もともとこちらのタイプをメインで作ってきたのが、「ティールーム風スコーン」のような「強力粉タイプ」をご紹介して大好評の今、ちょっぴり迷いがでてきますね~。。「強力粉タイプ」のココアバージョンを作るべきなのかな??とか。食感とか口どけとか喉越し(喉つまりというべき??)(笑)がそれぞれ、違いますからね~~、う~ん、もう少し考えます。


チョコスコーンと。_a0392423_09162654.jpg

 「さっきからうんうん唸ってどしたんですか?おねえさん、味見してあげましょか??」と、鼻をふふふんと動かす「うちのモコモコ」。いや、あなたには食べられないものだからねぇ…きっとまだうんうん唸ってるでしょうけど、お構いなく。「ふううぅ~ん。。じゃぁ、遊ぶです!投げるです!」と、このあと自分のおもちゃをわたしの膝にのっけて来た「うちのモコモコ」なのでした。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


by farine12 | 2020-01-21 13:58 | くるんくるんでモコモコ | Comments(0)

生徒さんの作品紹介3


生徒さんの作品紹介3_a0392423_00482183.jpg


 「和柄クッキー」に挑戦されたKさん。「アイシングクッキーはちょっとニガテなんだけど、やっぱり可愛いからチャレンジしてみようかしら!」とお申込みくださいました。「線がまっすぐ描けない気がするし…」と心配されていたので、12枚すべてが麻の葉のような幾何学模様だと疲れてしまうかも…と思い、「落とし込み」の椿も作っていただくことにしました。「あ、これなら簡単!!あっ、もっと枚数を確保しておけばよかった~!」なんて仰っていましたが、麻の葉モチーフも「ハーフ」をお伝えしたら、「全面じゃないと少し気が楽ね♪」と綺麗に作ってくださいました。


生徒さんの作品紹介3_a0392423_00464823.jpg

 同席のMさんはもともとアイシングクッキー作りがお好きで、これまでにもお友達のウェディングの二次会用にまとまった数を作られたりしていた方なので、パターンの仕組みを最初に紙に描いてもらったところ、すすすーーっと作ってくださいました。お手伝いまったく必要なく、黙々と着々と進めていらっしゃいました。「こういう作業好きです♪没頭しちゃいますね。むしろ落とし込みのほうがちょっとニガテかもしれません~」とお話しされていました。おふたりとも、おうちでチャレンジしたくなったとき用に、コルネに使うOPPシートをお分けしたら喜んでくださいました♪ 機会があったらぜひ、作ってみてくださいね♪


生徒さんの作品紹介3_a0392423_00514347.jpg

 「ティールーム風スコーン」を作られたのは手前からHさん、Sさん。Hさんはクランベリーを、奥のSさんはレーズンを混ぜ込んでいます。こうしてたくさん並ぶとなんだか嬉しいですね♪
 

生徒さんの作品紹介3_a0392423_00542670.jpg
 「最近焼き菓子愛が強くなっているので…」と、Sさんは「柚子のガトーウィークエンド」も同時進行で作られました!アイシングたら~りが美味しそうですね。「焼き菓子愛」…なんて素敵なひびき♪ わたしの好みを優先させると毎月の単発メニューが茶色ばかりになってしまいがちなので(苦笑)ある程度意識的に生クリームのお菓子やムースなどを入れているのですが、「焼き菓子愛」を語ってくださる方がいると心強いですね(笑)。来月はどのくらいの強さでいこうかしら…(笑)。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村
by farine12 | 2020-01-19 09:01 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

1月のおうちカフェ・ことこと小豆の会

1月のおうちカフェ・ことこと小豆の会_a0392423_23301741.jpg
 
 ちょっとお久しぶりのおうちカフェ開催です♪

 先月ちょこちょこと小豆を炊いては「白玉ぜんざい」を作り、たま~にお茶の時間にお出ししていたら、おかげさまで大変好評で。レッスンで登場する予定は…?と聞かれましたので、いろいろ検証して(笑)レシピが確定しました♪

 前もって浸しておかなくても、思い立ったときに取り掛かれるのが小豆のいいところ。圧力鍋を使わずに、すこしだけ手軽な気持ちで作れる方法を、そして、甘さをかなり控えめにしても満足できる配合を、お伝えしたいと思います。

 2016年に「和のパフェ」として白玉団子をご紹介したことがありますが、当時は絹ごし豆腐で白玉粉を練っていました。今回は牛乳で練ります。こちらも、あらかじめ話しておかないと「牛乳入り」とわかる人は少ないですが、召し上がった時に必ず皆さん、「あれ?なんだか美味しい白玉団子ですね…?イメージと違います。」と云われるんです(笑)。捏ね方と、茹で方にもポイントがあるので、必ずしも牛乳だけが美味しさの原因ではないのですけど(笑)もともと白玉好きのひとにも、好んで食べてこなかったひとにも、とってもオススメのレシピです。


1月のおうちカフェ・ことこと小豆の会_a0392423_23303049.jpg

 そして、せっかく小豆を炊くのですから、もう少し煮詰めて「あん」にして、抹茶シフォンと合わせて「あんサンド」も楽しんで頂こうと思っています。ホイップクリームも一緒に挟むと、とっても幸せなお茶時間になりますよ。

 ベーキングパウダーを使わない粉工房のシフォンは、膨らみも少し控えめですが、とにかくしっとり滑らかな口あたり。もちろんこちらの実習もあります(笑)。普段のレッスンと違って共同作業となりますので、お持ち帰りは少なめですが、小豆の炊き方、白玉・シフォンのレシピがつきます。今のところ、27日(月)14時~、30日(木)14時~、を予定しております。粉工房メンバー限定、参加費は4,500円です。2名以上のお申込みで他日程も組めますのでご希望がありましたらお声を掛けてくださいね♪

 砂糖控えめなので、あまりツヤツヤしたあんこにはなりませんが、デトックス効果の高い小豆を、ギルトフリーで楽しみませんか?

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。


by farine12 | 2020-01-17 23:50 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

幻の表現と後日談


幻の表現と後日談_a0392423_23523909.jpg

 
 過去の画像をあれこれ遡って見ていたら、とても懐かしいものを見つけました!「1月のお菓子・バノフィーパイ」 で詳しく書いていましたが、「缶入りの練乳」が主要メーカーさんでことごとく生産終了になってしまったために、「缶ごと180分茹でる」という表現が今や幻、という状態に(涙)。同じ時間を掛けるならと、必ず2~3缶一緒にコトコト茹でていたのが懐かしい…真夏にするのは考えるまでもなくゾッとしますが(笑)寒い寒い日に、お湯が減っていないかときどき確認しながらコトコトコトコト小さく沸騰させているのが好きでした。とっても暖かくて、ゆったりしたひとときでした。

幻の表現と後日談_a0392423_23525873.jpg

 完全に冷めるのを待って、缶を開けると、乳白色の練乳がこんなに素敵な色合いに!!まさにトフィー♪

 お鍋で砂糖を焦がしてカラメルソースを作ったところに生クリームを入れて作る「キャラメルクリーム」よりも、「ミルク感」が強く、甘いのにあとくちは軽いのです。「キャラメルクリーム」とは違う魅力で、もうほんとうに感激したものです。本場イギリスでは、わざわざこうして時間を掛けて茹でなくても、すでに「トフィー缶」が売られていると聞いて心底「素敵・・・♡」と羨ましく思ったものです。

 今回3年ぶりに再々登場させるにあたり、缶入り練乳がもう作られていないと知った時のショックときたら…それと同時に、ではどうやって練乳からトフィーを作るか、という課題も出てきてしまって、お正月休みにあれこれと試すことになりました。

幻の表現と後日談_a0392423_23531933.jpg
 缶を茹でるのと同じ要領で「チューブ入り練乳」を茹でるという選択肢もあったのですが、個人的にあまり気が進まなくて…練乳を直火に掛けると焦げるのが分かっていたので電子レンジを使ってみたり、そして想像通り焦げなさ過ぎて(苦笑)ただの「ミルクキャラメル」を作ってしまったり(上↑の写真)、やっぱり色を付けるには直火か~!とごく弱火で試してまんまと焦がしたり(苦笑)、湯煎に掛けてみたり(時間かかりすぎで却下)、と、あれこれ試して、「たぶん一番時短で、さらに確実」と思われる方法に辿り着いたのでした。(←大袈裟)レッスンに間に合ってよかった…とホッとしました。

 練乳トフィーならではの風味を楽しんで頂けると思いますので、ご興味のある方はぜひ!レッスンにご参加くださいね。そして、前回・前々回「バノフィーパイ」を作られた方には、レッスンご参加時にでも、今回編み出した方法(←大袈裟)をお伝えしますので、ぜひまたおうちで作ってみてくださいね♪

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村



by farine12 | 2020-01-16 23:51 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る