<   2016年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

クリスマスのお菓子・ノエル2016


クリスマスのお菓子・ノエル2016_a0392423_00261592.jpg


 粉工房のクリスマスのお菓子たち、最後のご紹介は「ノエル2016」。ガナッシュクリームコーティングのホールケーキに、金箔・ピスタチオ・フリーズドライのラズベリーを飾って、ノエルのピックを添えているのですが…光ってしまってピックの存在感があまりないですね。


クリスマスのお菓子・ノエル2016_a0392423_00261588.jpg


 カットすると中は抹茶スポンジがストライプ状に並んでいます。間にはラズベリーソースとホイップクリームをサンドしているんですよ。え?抹茶とチョコ?抹茶とラズベリー??合うの???と思われた方、いらっしゃるかもしれませんが、これがとっても相性良いんですよ♪

 ふんわり軽いスポンジに酸味のあるラズベリーソース、適度に濃厚なガナッシュ。全体には重たくないのでご馳走の後でも大丈夫。何より断面が綺麗なので、作られる方はぜひ、おうちで切り口の写真も撮ってくださいね。

 直径約18?に出来上がります。参加費は粉工房メンバーの方は4,000円、ビジターの方は5,000円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信していただけますよう、お願いいたします。

↓チョコ好きです♪な方はクリックで応援どうぞよろしく。
クリスマスのお菓子・ノエル2016_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村



by farine12 | 2016-11-30 23:59 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・オーナメントクッキー


クリスマスのお菓子・オーナメントクッキー_a0392423_00261445.jpg


 定番ではありつつ、アイシングクッキーの人気がまた高くなっているように思います。いろんなデザイン・トッピングのバリエーションがいっぱいあって、専門に教えてくれる教室も増えてきましたね♪ 粉工房ではシンプル路線で「ライン」がメインのものをご紹介しています。「面+ライン+トッピング」の複雑なものもいつかご紹介してみたいですけれど、ね。

 バターミルクパウダー入りのほのかな甘さのクッキーにどんどんラインを描いてもらって、乾いてから1~2枚ずつガス袋に入れてお持ち帰りです。気軽なプレゼントにもピッタリですし、もしツリーなどに飾る場合にはクッキー生地にリボン用の穴をあけて焼くか、ガス袋に穴をあけるかのどちらでも可能なので、レッスン時にお知らせください。

 クッキーイコール手軽、というイメージがあるからでしょうか、オーナメントクッキーと他のお菓子を同時進行で作製希望の方が毎年いらっしゃいますが、意外と(?)アイシングは根気と時間がかかるのです~~。一緒に作れるのはフルーツケーキかシュトレンくらいですので、ご参考までに先に書いておきますね(笑)。毎年皆さん、「肩がこる~」「目が疲れる~」と仰いますので、前日はしっかり休んで、瞳ぱっちりでお越しくださいね。

 参加費は粉工房メンバーの方は3,500円、ビジターの方は4,500円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信していただけますよう、お願いいたします。

↓可愛らしい☆と思われたら応援のクリックどうぞよろしく。
クリスマスのお菓子・オーナメントクッキー_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村



by farine12 | 2016-11-29 23:52 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・ココアのシュトレン


クリスマスのお菓子・ココアのシュトレン_a0392423_00261412.jpg


 久しぶりのシュトレン登場です♪ 今回はココアをたっぷりと混ぜ込んだ生地に、ラム酒で煮たドライクランベリー、レーズン、オレンジピールを加えました。ココアのほんのりほろ苦い風味に酸味の効いたフルーツがとっても相性が良く、ついもうひときれ…と手を伸ばしてしまいそう。

 以前ご紹介したシュトレンも、今回の「ココアのシュトレン」も、比較的柔らかめの配合になっています。みっちりと噛みしめる感じではなく、ほわほわ・しっとりしているので、ある意味では邪道なのかもしれません。何週間も保存させるというよりも、10日間位で食べきって頂く方が美味しいんです。

 オーブンから出て来たらラム酒を原液で塗りつけ、溶かしバターをさらに塗り、あとは3回砂糖をまぶして仕上げます。作った当日・翌日はラム酒の香りが強く、アルコールっぽいので、お酒に弱い方・ちいさなお子様は召し上がれません。3~4日後には馴染んできますので、プレゼントにする場合は先方のご様子に合わせて、逆算して作って頂けるといいですよね♪

 2本分作製、レースパーパーとリボンでラッピングしてお持ち帰りです。なお、時間の都合上、一次発酵まで先に進めておきますので、レッスンでは分割・丸めからとなりますのでご了承ください。参加費は粉工房メンバーの方は4,500円、ビジターの方は5,500円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信していただけますよう、お願いいたします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
クリスマスのお菓子・ココアのシュトレン_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村
by farine12 | 2016-11-28 23:58 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・ミルクドーム


クリスマスのお菓子・ミルクドーム_a0392423_00261461.jpg


 クリスマスと云えばやっぱり苺のデコレーションケーキも外せないかな、とメニューに入れてみました。15?のスポンジをスライスして練乳を加えたホイップクリームでサンド・ナッペをしています。スポンジには苺シロップを塗っているので、断面はほのかにピンクに染まります♪

 トップにも苺を5粒飾って、アラザンやピスタチオでデコレーション。ドーム型に仕上げたケーキは一見クリームを塗るのが難しそうに見えますが、あえてパレットナイフでぐるぐると模様をつけますので意外と気楽に取り掛かれると思いますよ。

 なお、丸いドームに仕上げるためにはスポンジが焼きたてだとひび割れたり裂けたりしてしまうので、このお菓子に関しては、スポンジはわたしが前夜に焼いておきますので、当日はスライスからしていただきます。スポンジの作り方は口頭でのご説明のみとなりますのでご了承くださいませ。

 参加費は粉工房メンバーの方は4,000円、ビジターの方は5,000円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信していただけますよう、お願いいたします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
クリスマスのお菓子・ミルクドーム_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村


by farine12 | 2016-11-27 22:22 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・フルーツケーキ2016


クリスマスのお菓子・フルーツケーキ2016_a0392423_00261453.jpg


 クリスマス時期にはいつにも増して「贈るお菓子」が好まれますので、毎年「今回はどんな焼き菓子にしようかなぁ」と迷います。持ち歩いても壊れにくく、暖房の効いた電車でも安心で、ちょっとだけ話題性もあって。差し上げたひとと、そのお菓子がキッカケでお話が弾んだりしたら、嬉しいな。ご家族でのお茶の時間も楽しんで頂けたらいいな、と。

 ドライフルーツがたくさん入った「フルーツケーキ」はこれまでにも何度かご紹介してきましたが、今年は少しだけ違うアプローチで作ってみました。お砂糖は使わず、メイプルシロップや蜂蜜を使うのでもなく、「デーツ(なつめやし)」をペースト状にしたものを混ぜ込んで甘みをつけています。

 9月に開催した「おうちカフェ」で、実は「あんこ」を炊くのに、砂糖の代わりに「デーツ」で甘みをつけたものが大好評で、それまで「デーツ」は買ったことがなかったという方も、美味しい、食べやすい、ちゃんと甘い!と、とても喜んで下さいました。そこで、今度は洋菓子でもご紹介できたらいいなとレシピを組んでみました。ラム酒で煮たドライイチジクやレーズン、クランベリーなども入って、とってもナチュラルな甘さ。砂糖不使用とは思えない美味しさです。米粉を使っているのでついでに云うなら「グルテンフリー」でもありますね。

 16?の紙製パウンド型2台分、写真左のようにラッピングしてお持ち帰りですから、そのままプレゼントにも使えますよ♪

 小麦粉と砂糖を使ったパウンドケーキに比べると、ほんの少し、生地が硬くなるのが早いように思います。焼いた翌日がいちばん美味しいかな。5日くらいで召し上がっていただけるといいなと思っています。従来のフルーツケーキ、ブランデーケーキほど日持ちしないので、勿体ながらず、美味しいうちにさっさと食べてね。とお伝えください(笑)。

 参加費は粉工房メンバーの方は4,500円、ビジターの方は5,500円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信していただけますよう、お願いいたします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
クリスマスのお菓子・フルーツケーキ2016_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村


by farine12 | 2016-11-26 23:55 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子たち・モンブラン


クリスマスのお菓子たち・モンブラン_a0392423_00261359.jpg


 お待たせしました!HPの更新が終わりましたのでリンクからご覧くださいね。ブログ上では毎日ひとつづつ、詳しくご説明してゆきます。

 第一弾は「モンブラン」。年齢や男女問わず不動の人気を誇るモンブランですが、粉工房では比較的「さっぱりめ」の配合の物をご紹介してきました。また、16?のタルト型で仕上げたり、と、どちらかというと変わり種のほうが登場率が高かったんですね。

 本格的な冬を前に、ちゃんと濃厚なモンブランがあってもいいかも!ということで、作ってみました。


クリスマスのお菓子たち・モンブラン_a0392423_00261311.jpg


 「クリスマスケーキとしてではなく作りたいんだけど…」、「差し入れにしたいのだけど…」という方には、こちらの写真のようにピックを変更することもできますので、お気軽にお申し付けくださいね。


クリスマスのお菓子たち・モンブラン_a0392423_00261420.jpg


 ちなみに、構成はフィナンシェのような生地にチーズクリームを混ぜこんだホイップクリームを絞り、渋皮煮の栗をひとつぶ、隠します。その表面にマロンクリームを小さい星口金で絞って仕上げます。中の白いクリームをいかに綺麗なピラミッド状になでつけるか、マロンクリームをいかに水平に重ねてゆくか、がポイントです。5個分ありますから、落ち着いてじっくり、仕上げてくださいね。ちょっと根気が要りますし、時間もかかると思うので、2品同時作製で作れるお菓子は限りがありますのでお申込み時にご相談ください。

 土台の生地のバターの香ばしさ、チーズクリームのほのかな酸味、ちょっと甘めのマロンクリームのコク。途中でごろん、と出てくる渋皮煮。とても充実したケーキです。5個分のお持ち帰りで、参加費は粉工房メンバーの方は4,800円、ビジターの方は5,800円です。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信していただけますよう、お願いいたします。


↓おいしそう☆と思われたらクリックで応援どうぞよろしく。
クリスマスのお菓子たち・モンブラン_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村


by farine12 | 2016-11-25 17:30 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

素朴すぎるお菓子たち


素朴すぎるお菓子たち_a0392423_00261357.jpg


 熱々の飲みものと素朴なお菓子がとっても美味しく感じられる日々。いつだって焼き菓子が好きですが、色づいた街路樹やはらはらと舞う落ち葉を眺めながらほっと一息つけるのは本当に幸せなひとときです。

 こちらはココナツオイルを使って林檎とチョコチップのマフィン。米粉も混ぜて軽い食感にしました。


素朴すぎるお菓子たち_a0392423_00261330.jpg


 とあるテキストを見ながら作ってみた「スコーン」。豆乳とメイプルシロップを使ったヘルシーなスコーンです。

 普段わたしが好んで作るスコーンは、バターをひたすら粉の中で細かく刻んで、そのバターの粒を残すように成型する方法。ザクザクとした層があって、ある意味では飲み物がなくても食べられるような感じのものが多いです。今回試してみたスコーンは、パンのように軽く「練る」作業があって、もともとバターを使わない分だけ、気泡が少ないというか、みっちり詰まった感じと云うか… 今までの好みとは違う食感でしたが、とても美味しく感じました。あぁ、こういうスコーンもいいな、と。

 「好み」って結構変わるものなのかもしれませんね。思い込みで選択肢を狭めてしまわないよう、気になったものは試してみるって大事だな、と改めて思いました。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
素朴すぎるお菓子たち_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村



by farine12 | 2016-11-24 22:42 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(0)

おうちカフェ


おうちカフェ_a0392423_00261223.jpg


 先日の「おうちカフェ・熱々林檎を楽しむ会」の様子を少しご紹介です。ご参加はYさんとSさん。アップルダッピーを巻き巻きしているところをパチリ☆


おうちカフェ_a0392423_00261381.jpg


 さっと加熱した「ブラムリー」林檎をスコーンのような生地に巻き込み、カットしてグラタン皿に並べるところ。


おうちカフェ_a0392423_00261310.jpg


 同時進行でラムレーズンのアイスクリームと、折りこみパイでアップルパイも作りました。実はレッスンで「折りこみパイ」をご紹介するのは初めて。寝かせる時間があるので、前夜に三つ折り1回のもの、三つ折り3回終わったものを用意しておき、レッスンではデトランプ生地を作るところから始めました。間で他のお菓子の作業もしつつ、折りこみになったら差し替えるという、「ひとり料理番組」状態でした(笑)。でも、おかげでとってもスムーズに。目標の12時に盛り付けを始められました。パイの層、ぱりっぱりに出来上がりました!


おうちカフェ_a0392423_00261331.jpg


 焼きあがった「アップルダッピー」。温かいカスタードソースをかけて楽しみます。アップルパイも温かいうちに早く早く、あ、アイスが溶けちゃうから早く早く、あ、カスタードが冷める!お茶も熱いうちにどうぞどうぞ!!と、ぱたぱたしていましたので、全品揃ってお皿に乗っている姿を撮り忘れました……

 温かいものを温かいうちに、と思うと、なぜか平常心でいられなくて(笑)いつまでたっても料理写真が撮れません。実はinstagramもやってるのですけど、なかなかお料理の写真は載せられない(苦笑)。お菓子だったら多少待てるんですけど、お料理に関してはもうほんと、「美味しいうちに食べたい」キモチが勝ってしまって、ファインダーを覗いていられないんです。つい焦っていい加減な写真になって、あとで見返すと全然おいしそうに写っていなくて。今回の「おうちカフェ」も、やっぱり焦ってしまって全体写真はスマホからの「とりあえず記録」のみでした。「とりあえず感」が凄すぎて、とてもご紹介できません(苦笑)。ココロ惑わされないよう、まだまだ修行が必要のようです。

 それはともかく、ご参加のYさん、Sさん、ありがとうございました!

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
おうちカフェ_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村


by farine12 | 2016-11-23 00:45 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

生徒さんの作品紹介5


生徒さんの作品紹介5_a0392423_00261266.jpg


 「アプフェルシュトゥルーデル」と「カラメル林檎のアップサイドダウンケーキ」を作られたのはSさん。こうやって作ってるんですね!初めての工程だらけで面白いですね~!とお話されていました。


生徒さんの作品紹介5_a0392423_00261217.jpg


 ご一緒されたのはYさん。「林檎のタルト2016」と「カラメル林檎のアップサイドダウンケーキ」の2品作製でした!

 林檎のお菓子を4品ともなると、消費量がびっくりな分量で(笑)お持ち帰りもずっしりしてましたね。おふたりとも粉工房でご一緒して早数年、たまにご一緒になると近況報告でいろんなお話が出るのですが、この日は工程が多くてとにかく作業に追われて…お茶の時間になるまで黙々と手を動かす感じでしたよね。お疲れさまでした!!

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
生徒さんの作品紹介5_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村

by farine12 | 2016-11-20 00:30 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

こなもの。


こなもの。_a0392423_00261236.jpg


 定期的に食べたくなる「粉のお菓子」。チョコチップを加えた切りっぱなし(?)のスコーンは外側ザクッと、中はふっくらしていて、紅茶よりもコーヒーに合うタイプ。これはやっぱり小麦粉じゃないと、この食感は出せませんねぇ。。


こなもの。_a0392423_00261296.jpg


 こちらは米粉を多めにした配合のサワーチェリー入りココアマフィン。もとから小麦粉大好きなわたし。何も意識しなければ、口にするものは圧倒的に小麦粉由来のものばかりになりがち。麺類はやっぱり食べたいので、パンは以前よりやや控えることにしています。焼き菓子も、時にグルテンフリーで作ったり、食感として無理があるかなと思ったら、小麦粉の一部を米粉に置き換えるなどして小麦の摂取量を増やさないようにしています。いきなりアレルギーなどが出てしまったら負担が大きいので、今から少しだけ気をつけておこうという発想(笑)。ほんとうに気休め程度のコントロールですけれど(笑)。

 米粉をブレンドしたマフィンはとってもしっとりしていて、パサパサしなくて食べやすいと好評です。でも、米粉だけにすると、これがまたちょっと違うんですよね…長く小麦粉の風味や食感に慣れ親しんできたので、米粉に変えたときに美味しく感じる割合と、違和感を覚える割合があると感じます。どこで工夫して「違和感」を「米粉ならではのおいしさ」まで持ってゆくかが、今後の課題ですね。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
こなもの。_a0392423_00250290.gif

にほんブログ村



by farine12 | 2016-11-16 16:20 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る