<   2013年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

7月のお菓子「チョコミントクッキー」


7月のお菓子「チョコミントクッキー」_a0392423_10072979.jpg


 少しほろ苦いココアクッキーに、ミントリキュールを加えたホワイトチョコガナッシュをサンド。ミントリキュールのみでここまで綺麗なグリーンにするのは結構多くいれなくてはいけないのですが、そうするとミントが強烈すぎると思われる方もいらっしゃるかも…控えめミントがお好みの方は、リキュールの分量を調節してごく少量のグリーン色素を足してもいいかもしれません。

 クッキー生地にはブラックココアパウダーも加えて、ビターチョコレートのような色にして焼き上げます。卵黄が入っているのでサクサクとした軽い口当たり。そしてホワイトチョコガナッシュは、かき混ぜて空気も含ませているので、しゅわっととろけるエアリーな口どけなんですよ。冷蔵保存して、10分ほど室温に置いてお召し上がりくださいね。

 12個分のお持ち帰りで、粉工房メンバーの方は参加費3,500円、ビジターの方は4,500円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしくお願いします。
7月のお菓子「チョコミントクッキー」_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

by farine12 | 2013-06-30 00:04 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・水の中の太陽


7月のお菓子・水の中の太陽_a0392423_10072894.jpg


 べイクドスフレチーズケーキとオレンジの組み合わせ。とっても爽やかな組み合わせなのに、さらにぷるんとしたゼリーを窪みに流して仕上げるのですから、暑い日にはピッタリのお菓子ですよ。

 夜空に光輝く月を眺めて、あの月が欲しいと泣いてお付きの者たちを困らせた小さな王女さまの物語がありました。湖の水面に写り込んだ満月を少年が掌ですくい上げる歌があったような…記憶もあるのですけれど。そして、映画などで実際にそんな描写があったのかもしれませんが、やはり水の中に閉じ込められたちいさな太陽が控えめながらもキラキラとオレンジ色に輝くイメージを子どもの頃から持っていて。味と食感の組み合わせを思い描きながらこのお菓子が誕生したとき、まっさきに浮かんだタイトルが「水の中の太陽」でした。もう、何年前のことになるのでしょう…久しぶりの、再登場となりました。

 小さめのカップで12個分のお持ち帰りとなります。粉工房メンバーの方は参加費3,500円、ビジターの方は4,500円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。


↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
7月のお菓子・水の中の太陽_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

by farine12 | 2013-06-29 00:04 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・ブルーベリーヨーグルト


7月のお菓子・ブルーベリーヨーグルト_a0392423_10072861.jpg


 冷たいお菓子は、きっと皆さん新刊本「プリンとムースとゼリー」をご覧になって作ってくださるかなと思ったので(笑)焼き菓子をメインにするつもりでいましたが、やっぱりひとつくらいはひんやり系を入れるほうが楽しいかな…とメニューに加えました。ただ、やっぱりゼラチンだとお持ち帰りに大変そうなので、今回は寒天とアガーを使って、一度固めてしまえば常温でも溶けださない配合にしてみました!

 アガーはヨーグルトとあまり相性が良くないようで、しっかり固まらないんですよね。混ぜ方、加熱の仕方などを工夫して、レシピ本には載せていない配合と作り方でのご紹介です♪どうぞお楽しみに。


7月のお菓子・ブルーベリーヨーグルト_a0392423_10072855.jpg


 まるでピースのケーキみたいなゼリーカップをcottaさんで見つけたので、この型を利用して2層のゼリーに。円形に並べても可愛いですよね!溶けだしてやわやわになったりしないので、夏のホームパーティーや、バーベキューなどにもオススメですよ。真っ白なヨーグルトゼリーとつやつやブルーベリーのソースゼリーの組み合わせは、後味さっぱりでいくらでも食べられそうな、ある意味ではキケンなデザート。どんどん、作って頂けたらいいなと思います。

 ゼリーカップ8個分のお持ち帰りで、粉工房メンバーの方は参加費3,800円、ビジターの方は4,800円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。 

↓参加しています。応援クリックどうぞよろしくm(__)m

by farine12 | 2013-06-28 00:34 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・夏のプチガトーショコラ


7月のお菓子・夏のプチガトーショコラ_a0392423_10072804.jpg


 もしかしたら中毒かも…というくらい、チョコレートが好きなので、本当は季節を問わず、いつでもチョコ大歓迎!という人間ですが…(笑)。たぶん多くの方が夏はチョコレートはあまり気が進まないのでは、と考えてかなりさっぱりめの配合にしました。バターを使わず、植物油で作るガトーショコラは心なしか食感もほんわりと軽め。どっしりと濃厚なガトーショコラは涼しくなってからにして、暑い期間はさらりとしたタイプを楽しんで頂けたらいいなと思っています。


7月のお菓子・夏のプチガトーショコラ_a0392423_10072892.jpg


 珍しくラッピングした姿を先に載せましたが、生地の断面はこんな感じ。いかにほんわりと軽い感じかをお伝えしたくて、うんとアップの撮影です。あっ、大事なことが抜けていました。今回のガトーショコラはチョコチップとサワーチェリーを乗せて焼き上げています。チョコの風味とサワーチェリーの酸味がとてもよく似合って、爽やかな味わいをお楽しみ頂けると思います。紙製のオーバル型で7個分のお持ち帰りです。

 こちらは粉工房メンバーの方は参加費3,500円、ビジターの方は4,500円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓夏向けさっぱりガトーショコラ、いいかも。と思われたら応援クリックどうぞよろしく。
7月のお菓子・夏のプチガトーショコラ_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

by farine12 | 2013-06-27 00:21 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・タルトアブリコ


7月のお菓子・タルトアブリコ_a0392423_10072701.jpg


 予定よりもやや遅くなりましたがHP更新終わりましたのでご覧くださいね。ブログでも毎日ひとつづつ、ご紹介してゆきます。(実はさっき送信したとたんにエラーになって、泣く泣く記事を書きなおし…あぁ、残念。。)

 お持ち帰りが楽なように焼き菓子をメインに考えましたが、やはり暑いと食欲もなくなりがちですので、あまり重くなく、どこかフレッシュ感のあるものを取り上げました。このタルトも、サクサクに空焼きした生地にアーモンドクリームをベースにした生地を詰めて、アプリコットを埋め込むように乗せて再度焼き上げています。冷めてからアプリコットジャムで艶出しをして仕上げます。


7月のお菓子・タルトアブリコ_a0392423_10072788.jpg


 ピスタチオパウダーをけっこうたくさん加えているので、断面はほのかに渋いグリーンです。ピスタチオ特有の華やかな香り、しっとりした生地にアプリコットの酸味と柔らかな食感がとても好相性ですよ。しっかり冷やしてお召し上がり頂くのも美味しいと思います。18?タルト型で焼き上げてお持ち帰りです。

 こちらは粉工房メンバーの方は参加費3,800円、ビジターの方は4,800円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。 

↓応援のクリック、どうぞよろしく(*^_^*)
7月のお菓子・タルトアブリコ_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

by farine12 | 2013-06-26 00:33 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

新刊本「プリンとムースとゼリー」から「カフェオレムース」


新刊本「プリンとムースとゼリー」から「カフェオレムース」_a0392423_10072766.jpg


 以前ご紹介した寒天を使ったコーヒーゼリーは少し苦めのおとな味でしたが、こちらはメレンゲやホイップクリームも入るので、ふんわりと優しいコーヒー味。柔らかめに泡立てた生クリームも乗せているので、気分はまさにカフェオレです♪

 コーヒービーンズ型のチョコレートは、味もしっかりコーヒーなのでアクセントとして使うのがお気に入りですが、入手しにくければ茶こしでココアをほんの少し振りかけるのも、美味しいと思いますよ。お好みのグラスやカップでぜひ、作ってみてくださいね☆

 毎月25日は、HPの更新日ですが、きっと今頃の時間になってしまいそう…ちょっと気長にお待ちくださいませ。どんどん暑くなっているので、少しでも気楽にお持ち帰り頂けるよう、焼き菓子をメインにする予定で試作を繰り返しました。どうぞお楽しみに。

↓応援のクリックしてくださってる皆さま、ありがとうございます!
新刊本「プリンとムースとゼリー」から「カフェオレムース」_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

 
by farine12 | 2013-06-25 00:05 | レシピ本「プリンとムースとゼリー」のあれこれ | Comments(0)

新刊本「プリンとムースとゼリー」から「ぶどうのゼリー」


新刊本「プリンとムースとゼリー」から「ぶどうのゼリー」_a0392423_10072761.jpg


 こちらも試作(検証?)のときに記録として撮っておいたもの。市販のグレープジュースを使ったゼリーです。1つの生地から食感と色の違う2層のゼリーにするご提案。パインのゼリーの時はまるでビールっぽい雰囲気でしたが、やっぱり紫色だと雰囲気がかなり変わりますね!

 レシピ本では、せっかくなので葡萄も浮かべてみました。紫色の透明ゼリーの中に浮かびあがった水玉がなんともカワイイ!63ページ掲載です♪

 他のジュースでもいろいろバリエーションが楽しめると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしくお願いします☆
新刊本「プリンとムースとゼリー」から「ぶどうのゼリー」_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

by farine12 | 2013-06-24 00:12 | レシピ本「プリンとムースとゼリー」のあれこれ | Comments(0)

新刊本「プリンとムースとゼリー」から「ヨーグルトムース」


新刊本「プリンとムースとゼリー」から「ヨーグルトムース」_a0392423_10072706.jpg


 さっぱりと爽やかなヨーグルトのムース。メレンゲを加えず、ホイップクリームを加える作り方なので、手順も少なく、とっても楽々♪ どなたにも作りやすい、シンプルレシピです。そのシンプルさを活かして、ワンポイントにブルーベリーとピスタチオでアクセントにしてみました。レシピ本ではオフホワイトのクロスを背景に、凛とした潔い雰囲気。すっきりとしたグラスのフォルムが浮かび上がるような光の廻り方、布目の美しさ。まさにプロの技術で、とても素敵な写真です!ぜひご覧くださいね。41ページに掲載です。

 シンプルでさっぱりとした味わいだからこそ、他のひんやりスイーツとの組み合わせも相性抜群!カシスムースと重ねた表紙のようなグラススイーツもオススメですよ~♪

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
新刊本「プリンとムースとゼリー」から「ヨーグルトムース」_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

 

 

by farine12 | 2013-06-23 00:12 | レシピ本「プリンとムースとゼリー」のあれこれ | Comments(0)

生徒さんの作品紹介4


生徒さんの作品紹介4_a0392423_10072619.jpg


 久しぶりに生徒さんの作品紹介です♪ 今月の単発メニュー「カフェショコラ」を作られたのはFさん。先月初めて粉工房にご参加くださった時にお茶菓子としてお出ししたロールケーキを嬉しそうに召し上がって下さったのです。少しバージョンアップして単発メニューとして登場させたので、作っている時にもなんだかとっても楽しそうだったのが印象的でした。やっぱりロールケーキって、シンプルゆえにバリエーションも豊富で、奥が深いですよね。これから夏本番を前にして、お持ち帰りがちょっと大変になるので、たぶん9月までお休みかな…と思います。気になっているけれどまだ迷い中、と云う方は、ぜひ今月中に作りにいらしてくださいね♪


生徒さんの作品紹介4_a0392423_10072754.jpg


 レギュラーBコースの「サブレ・オ・アマンド」と「ガトージャポネ」を作られたのはYさん。「焼き上がりの厚み1cm」を追求するこのレシピ、最初は「??」だったようですが、あとで1枚試食されて納得されていたようです(笑)。そうなんですよね、「実感」してみないと分からないことって、いっぱい、ありますよね!でも、全てが全て、最初から細かく解説してしまうと感動が減ってしまうこともあり、「どの段階でどこまでお伝えするか」は、いつも難しいところです。その方の性格やテンポ(ペース?)もありますので、ご様子を見ながら…なのですが。抹茶のケーキの粉砂糖もかけ方が素敵と喜んで下さって、良かったです。ちょっとしたことで変わることやちいさな驚きを、タイミング良くお伝えできるように心がけて行きたいなと思っています。

↓応援のクリックしてくださってる皆さま、いつもありがとうございますm(__)m
生徒さんの作品紹介4_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

by farine12 | 2013-06-22 00:40 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

レシピ本から「マロンプリン」


レシピ本から「マロンプリン」_a0392423_10072639.jpg


 試作したときに記録として撮っておいた一枚。「マロンプリン」です。カラメルソースをパウンド型に流して栗甘露煮を散らして、マロンペーストを混ぜ込んだプディング液を流し入れて蒸し焼きにしています。今から見ると、甘露煮の刻み方がずいぶんと大雑把ですね…(苦笑)。

 ボリュームもあるし、マロンの穏やかな香りがしてなかなかの美味しさ。見映えするのでパーティーのときなどにもいいですね。焼きたてで熱いとひっくり返す時に崩れてしまうので、しっかり冷やして外すのがポイントです!

 ただ…冷やす時間が長いと、たまに甘露煮の栗がパウンド型の底にびっちり残ってしまうことがあるので、型から外すときにパウンド型の底の部分をごく弱火にかけるなどして少しだけ温めてあげると、栗がちゃんとプリンの方にくっついてくれるので、オススメですよ。実際の本では、おとなっぽく穏やかなスタイリングで、存在感のあるプリンになっていますのでチェックしてくださいね。9ページに掲載です☆

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
レシピ本から「マロンプリン」_a0392423_10050291.gif

にほんブログ村

 
by farine12 | 2013-06-21 00:16 | レシピ本「プリンとムースとゼリー」のあれこれ | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る