<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

9月のお菓子・レモン風味のクグロフ

9月のお菓子・レモン風味のクグロフ_a0392423_02005417.jpg


 以前試作してお茶の時間にお出ししたところ、ものすごく好評で、いつ出てきますか??と聞かれたお菓子です(笑)。リクエストくださってた皆さん、お待たせしました!!

 レモンピールが入ったココア生地を焼き上げて、冷めてからホワイトチョコのガナッシュをかけています。仕上げには刻んだピスタチオ。とろ~り、と流れたホワイトチョコがアイシングっぽくって、なんだか昔絵本で読んだ物語に登場しそうな雰囲気になりました。

 普段はプラスチックの袋に入れてのラッピングですが、せっかくの表面のチョコレートを綺麗に残したいと考えて、そのまま入る箱を探しました。とっても可愛いのが見つかったので、どうぞお楽しみに♪

9月のお菓子・レモン風味のクグロフ_a0392423_02005401.gif
↑参加しています。

9月のお菓子・レモン風味のクグロフ_a0392423_02005442.gif
↑こちらにも、応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-08-30 23:27 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

9月のお菓子・夏のなごり

9月のお菓子・夏のなごり_a0392423_02005332.jpg


 物凄い雷雨がやっとおさまってきました。ブログを更新しようと準備していたら、あまりに雷が近かったので「ちょっと怖いかな」と電源を切った、まさにその直後に停電!!ぎりぎりで間に合いました(笑)。停電そのものはほんの数秒でしたが、その後の雷も凄かったのでとうとう電源が入れられず…やっと今になってしまいました。

 まだ夏の暑さも湿度の高さも残っているので、ちょっぴり爽やかなお菓子も欲しいなと考えたのがこちらです。ココナツを加えたタルト生地に、パイン風味のクラフティソースを流して焼き上げ、表面にはパインゼリーを流しました。それぞれ感触の異なる「とろり」とした滑らかさがサクサクの生地とからまって、なんとも可愛らしい味わいなんですよ。

9月のお菓子・夏のなごり_a0392423_02005309.jpg


 元気でポップな雰囲気にしたくて、トッピングにはピンクペッパーとピスタチオを。ペッパーというくらいですから、噛み締めてしまうとピリリとした刺激が突き抜けます。パインが甘いからコントラストになる…と云うには、ちょっぴり大人っぽすぎるかもしれません。よっぽどスパイシーな刺激に慣れてるひと以外は、召し上がるときにはペッパーは外した方が無難です(笑)

9月のお菓子・夏のなごり_a0392423_02005376.gif
↑参加しています。

9月のお菓子・夏のなごり_a0392423_02005445.gif
↑キュートな黄色を気に入ってくださったら、応援よろしくです。

by farine12 | 2008-08-30 01:13 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

9月のお菓子・アプフェルクーヘン

9月のお菓子・アプフェルクーヘン_a0392423_02005337.jpg


 例年なら、紅玉林檎がお店に並ぶ10月を待って林檎のお菓子を取り上げるのですが、今回はちょっとだけ前倒しでひとつ取り上げることにしました。発酵生地の上にカスタードクリームを塗り広げ、バターで炒めた林檎とレーズンを散らし、表面にはクランブルを乗せて焼き上げます。ブリオッシュのような雰囲気の生地ですからサクサクとしていて、そんなに重たくはならないんですよ。

9月のお菓子・アプフェルクーヘン_a0392423_02005340.jpg


 生地を捏ねて、寝かせている間に次々と準備してゆきますから、難しくはありませんが忙しいという感じです。結構お手間入りなのに見た目は素朴そのものなので、林檎のお菓子が本当に好きなひとにのみ、挑戦していただきたいと思っています。カスタードと林檎の相性のよさに惹かれているひと、味わいのある素朴なお菓子に弱いひと、には頑張った甲斐があると云えるでしょう。18cm角型で作りますので、それなりにボリュームはありますが、案外はまってしまうと誰にも分けたくない!って思ってしまうかも(笑)。このお菓子に関してはすでに粉工房にご入会済みのかたを対象とさせていただきますのでご了承くださいね。

9月のお菓子・アプフェルクーヘン_a0392423_02005316.gif
↑参加しています。

9月のお菓子・アプフェルクーヘン_a0392423_02005308.gif
↑なんか気になるかも、という方、応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-08-28 23:45 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

9月のお菓子・ガトーフランボワ

9月のお菓子・ガトーフランボワ_a0392423_02005222.jpg


 スポンジの上にラズベリームース、チョコレートムース、そしてラズベリーソースのゼリー、と4層に重ねたお菓子です。断面の色合いはもちろんですが、トップの深い赤紫色がなんとも初秋っぽい雰囲気なんですよ。ホイップクリームで蔦を絞りますが、時間とともに下のラズベリーの色を吸い込んでゆくので、ほんのりとしたピンクに染まるのがお気に入り。ちょっとお手間入りですが、お誕生日のケーキとしてもオススメです。

9月のお菓子・ガトーフランボワ_a0392423_02005275.gif
↑参加しています。

9月のお菓子・ガトーフランボワ_a0392423_02005283.gif
↑こちらにも、応援のクリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-08-27 23:52 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(4)

9月のお菓子・スイートポテト

9月のお菓子・スイートポテト_a0392423_02005233.jpg


 このまま秋になってしまうのかと思うくらいに涼しい日が続いていますね。「さっぱり・つるん」としたスイーツばかりに注目していた方にも、そろそろ「ほっくり」した食感が恋しくなってくる頃ではないでしょうか。

 定番の「スイートポテト」を、ちょっぴりアレンジしたいなぁと考えて、土台を黒胡麻入りのスポンジケーキにしたところ、とっても大好評でしたので去年に引き続いての登場です。プチプチした歯ざわりとホクホク・とろりの食感がちょっぴり大人っぽくて、食べやすいんです。生クリームやバターたっぷりの濃厚なスイートポテトも美味しいけれど、普段お家で手軽に楽しむには、あんまり濃厚だと疲れちゃうかな、なんて考えて、比較的軽めの配合にしています。その分、さつまいもの風味がしっかり活きているんですよ。

 アルミのボート型で8個分のお持ち帰りとなります。去年9月の一番人気となったせいなのか(?!)この型を求めてお店に行くと、その棚がガラガラだったとか、入荷待ちだったとかいうお話を複数の生徒さんから聞きました。最近この型がよく出るんですよね~とお店のスタッフさんが仰ってたそうで、「まぁ、うちの教室の影響で品切れなんて凄いわ♪」なんて思ってみたり。冗談ですけど…(笑)秋を代表するお菓子ですもの、ちょうど季節ですから、皆さんよくその型を使われるんでしょうね。そんなわけですので、もしお家ですぐに復習を考えていらっしゃる方は、先に型を買っておくほうがいいかもしれませんよ。

9月のお菓子・スイートポテト_a0392423_02005247.gif
↑参加しています。

9月のお菓子・スイートポテト_a0392423_02005236.gif
↑応援のクリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-08-26 23:53 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

9月のお菓子・抹茶のチーズケーキ

9月のお菓子・抹茶のチーズケーキ_a0392423_02005191.jpg


 無事にHP更新が終わって、ブログ記事をUPしようとログインしたら…閲覧者数が普段の倍になっていました!皆さん今か今かと(?)楽しみにしてくださってたんですね~、きっと(笑)。ありがとうございます。そして、お待たせしました。今夜からひとつづつ、ご紹介してゆきますね。

 まずは新作「抹茶のチーズケーキ」。ほんのりとした抹茶の苦味とチーズの柔らかな酸味がうまくマッチして幸せな組み合わせなのです。最初は抹茶、あとからチーズのコクと酸味がふわっと漂って、まるで交互に浮かんでは消えるかのようです。表面にはたっぷりと抹茶を振りかけて刻んだレモンとフリーズドライのラズベリーでちょこっとアクセントにしました。秋の気配が風に少し混じってくる今の季節にぴったりな、爽やかさと渋さの両立するお菓子になりました。

9月のお菓子・抹茶のチーズケーキ_a0392423_02005193.gif
↑参加しています。

9月のお菓子・抹茶のチーズケーキ_a0392423_02005231.gif
↑応援のクリックどうぞよろしくお願いします♪

by farine12 | 2008-08-25 22:59 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

ブルーベリーのスリムパウンド

ブルーベリーのスリムパウンド_a0392423_02005173.jpg


 大きめのパウンド型1本で「どん!」と焼くのもボリュームがあって良いけれど、ちょっと人に差し上げたいときなんかは、小さめの方がいいこともありますよね。別に「ケチ」で「あげたくない」訳ではなくて…なんというのか、家族構成が分かっていないときなどは、食べきれないと困ってしまうかな、なんて考えてしまうので。うんと親しければ大きく焼いたものを2~3切れお渡しするのでも気軽なプレゼントとしては楽しいですが、ほんのちょっぴり「ヨソユキ」の顔をしたいときには、やっぱりホールがいいと思うのです。

 そんなわけで(笑)最初から2本に分けて焼くと、小ぶりだしラッピングもまとまりやすいし、貰った相手のかたも気楽に受け取ってくださるようです。どうしても心配だったら、片方を味見用にすることもできますし…デコレーションをする生ケーキなどは、大きさが変わることでかえって難しくなることもありますが、こういう焼きっぱなしのお菓子の場合はわりと楽々♪プレゼントに迷ったら、こういうのを候補に入れるのもいいかもしれませんね。

ブルーベリーのスリムパウンド_a0392423_02005106.gif
↑参加しています。

ブルーベリーのスリムパウンド_a0392423_02005147.gif
↑こちらにも応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-08-23 23:51 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(0)

小さな山が連なって

小さな山が連なって_a0392423_02005113.jpg


 せっかく書いた記事が投稿直前に消えてしまってショックでした。。気を取り直して、書き直し!です(でもきっと文章は短くなっていそうですー笑)

 牛乳を練りこんだパンを小さく分割して角型に並べて発酵・焼成しました。ちいさな山がぽこぽこと並んだ姿がなんだか微笑ましいのです。ひとつづつでも、列でも、綺麗にちぎれるのでなんだか可愛くて…表面のこんがりした色合いと、中側の白くてふわふわした感触がたまらないパンなんですよ。

小さな山が連なって_a0392423_02005195.gif
↑参加しています。

小さな山が連なって_a0392423_02005124.gif
↑こちらにも参加中です。

by farine12 | 2008-08-22 23:56 | プライベートのお気に入り/My Favorites | Comments(0)

ふんわりもっちり白玉

ふんわりもっちり白玉_a0392423_02005067.jpg


 お砂糖は控えめに、小豆をことこと煮てみました。3回ゆでこぼしたので、夏向けのさっぱりした味わいになりました。せっかくだからと、あんまり煮詰めすぎずに白玉団子とあわせて冷やし白玉ぜんざいに。なんだかすごく嵌ってしまって、お茶の時間に生徒さんにおだししたりして。洋菓子の教室だというのに、ね(笑)。

 ふんわりした口当たりなのにもっちりした歯ごたえもあって、なんだか違う!ただツルツルしてる白玉より美味しい!と大好評でしたので、ちょっとだけヒントを♪ まず、白玉粉に水を加える際に、大抵の「作り方」には耳たぶほどの硬さと書いてありますが、もう少し加えてやや柔らかめの耳たぶにします(笑)。そして、まん丸(球)ではなく、中心をくぼませた平たい円にするつもりでカタチ作ること。最後に、浮かんできたら水に取る、ではなくて、浮かんできてもしばらくそのまま、白玉が少し膨らんでくるまで待ってから水に取ること。これで中心までしっかりと熱が通った、ふんわり・もっちり白玉が出来上がります。ぜひお試しを。そうそう、出来上がった白玉は、冷やし過ぎると硬くなりますから気をつけてくださいね~

ふんわりもっちり白玉_a0392423_02005047.gif
↑参加しています。

ふんわりもっちり白玉_a0392423_02005074.gif
↑ふぅ~ん、、と思った方どうぞ応援してください♪

by farine12 | 2008-08-20 23:41 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(2)

時を越えた友情

時を越えた友情_a0392423_02004993.jpg


 もうずぅっと前に観たきりで、でもすごく印象に残ってる映画がありました。突然観たくなってあちこち探しましたがDVDは扱ってないレンタルショップばかりで。コレは買うしかないかと思ってネットで探したら、もともとマイナーな映画だったのか数量が少なかったらしく、すでに完売。オークションでは結構な値段がついていて断念…諦めかけたときに、教室の近くのレンタル店で「中古ビデオ」のコーナーで発見しました!!なんてツイてるんでしょう♪これはもう映画に呼ばれてたんだわ、と幸せな数日間でした。

 92年公開のその映画は 『フライド・グリーントマト』。キャシー・ベイツ、ジェシカ・タンディとアカデミー賞受賞の女優さんが揃ってる上に、前回ご紹介した「恋しくて」の主人公、メアリー・スチュワート・マスターソンも出ています。

 夫の親戚を見舞いに来た女性(キャシー・ベイツ)が、老人ホームのロビーで出逢ったひとりの老女(ジェシカ・タンディ)。小柄な白髪の女性だけれどエネルギーに満ち溢れて、なんとも魅力的なおばあちゃん。彼女の語る昔話に登場する2人の女性の友情を聞きながら、どんどん引き込まれてゆくのです。回想シーンの友情と今現在の世代を超えた友情が交互に描かれていくうちに、「ひとりの人間として」女性がいかに生きるか、を考えさせられます。

 黒人の差別問題が絡んできたり、DVが絡んできたり、ちょっと怖いシーンも出てくるのですが、この女性二組の友情のあり方が素晴らしいのです。特に「現在」に存在するふたり−ジェシカ・タンディのかくしゃくとしていながらも茶目っ気溢れる姿には、こんなおばあちゃんになりたいものだと思わされますし(笑)、テレビのスポーツ中継にしか関心がない夫となんとかきちんと向き合いたいと願い、懸命に模索するキャシー・ベイツの切実さにはホロリとします。時に的外れだろうが、滑稽だろうが、なんとかしたいと願うひとりの女性。「もう若くもなく、でも年寄りと呼ぶには早すぎる」という焦燥感。「わたしはこの結婚を救いたかったのよ!」と叫ぶ彼女が、ジェシカ・タンディとの会話を重ねるうちに、どんどん余分な想いを脱ぎ捨てて、身軽に気軽にと変身してゆく姿には拍手したくなるくらいです。

 ありのままの自分を愛すること。関わる大事なひとを愛すること。自己否定からうまれることは少ないと気がついたら、あとはちょっと勇気を出すだけ。そんなメッセージが優しく伝わってくる映画なのでした。あのふたりに今再会できて、本当に嬉しく思っています。観てみたいという方、もしよかったらお貸しできますよ。ビデオデッキがあればですけれど…(笑)

↑参加しています。

時を越えた友情_a0392423_02005089.gif
↑お菓子の話しではありませんが、良かったら応援してください♪

by farine12 | 2008-08-19 17:24 | 映画に想うこと | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る