<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

7月のお菓子・プチロールケーキ

7月のお菓子・プチロールケーキ_a0392423_01581739.jpg


 プチというよりは、スリム、と云った方がイメージが沸きやすいかもしれません。教室で普段使ってるテンパンで焼いた薄めのスポンジ生地を縦半分にしてオムレットのように折りたたんでからカタチを作っているんですよ。中にはラズベリーかブルーベリーを散らして巻き込んでいますから、時間とともにクリームに色が滲んで断面が薄く色づくのが可愛いのです。

7月のお菓子・プチロールケーキ_a0392423_01581874.jpg


 直径5cm、長さは22cmほどで、トップは生クリームとラズベリーピュレのソースをかけて仕上げています。一度に2本分できて、それぞれを箱に入れてラッピングします。リボンも色々用意しておりますので、お好みの色を選んでくださいね。真っ白な、しっかりした箱なのでリボンをかけるとシンプルながらもフォーマルな雰囲気に。普段お世話になっている方へのプレゼントにも、ちょっとした集まりでの手土産に、いつもとは違うロールケーキはいかがでしょうか。

7月のお菓子・プチロールケーキ_a0392423_01581961.gif
↑参加しています。

7月のお菓子・プチロールケーキ_a0392423_01582093.gif
↑応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-06-30 23:57 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・ココアナナ

7月のお菓子・ココアナナ_a0392423_01581368.jpg


 いつもなら、夏の贈答用に焼き菓子をご紹介するのですけれど、今年は例のバターの件がありますので、あまりしっかりしたバターケーキは難しいかな、でも多少日持ちがして持ち歩きに安心なお菓子も入れたいなと考えて、こちらになりました。

7月のお菓子・ココアナナ_a0392423_01581419.jpg


 さっぱりめのバターケーキ生地に刻んだパインを混ぜて、表面にはパインとココナツを散らして焼き上げています。ちょっと夏らしくさっぱりとして、でもココナツの甘い香りが南国ムードを演出していて…カジュアルなプレゼントとしてもいいですし、他のクッキーなどと合わせて箱詰めにしたら、宅配で遠方に送ることも可能です。こちらのお菓子は、断然アイスティーと合わせるのがオススメですよ。(8個分のお持ち帰りとなります)

7月のお菓子・ココアナナ_a0392423_01581506.gif
↑参加中です。

7月のお菓子・ココアナナ_a0392423_01581690.gif
↑応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-06-29 23:56 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・プリティ イン ピンク

7月のお菓子・プリティ イン ピンク_a0392423_01580969.jpg


 夏といえばなるべく涼しげな印象の色合いがいい、と思ってきましたが、最近ふっとピンクもいいかなとイメージが沸いたのです。冬や春先のピンクとは違う色合いなら、案外可愛いかもしれないと…そこで、ラズベリーピュレを使ったムースを作ってみました。ラズベリーって香りはいいのですが、あまり濃いと酸味がきつく感じてしまうので、ヨーグルトも加えて爽やかな味にしてみました。

7月のお菓子・プリティ イン ピンク_a0392423_01581083.jpg


 表面にはピュレをぽてぽてと散らすようにして、上に寒天ベースのゼリーを少し流して仕上げています。時間が経つにつれてピュレがゼリーに滲んでとても涼しげなピンクになるんですよ。試作品を召し上がった方から「可愛い!!」「作りたい!」とラブコールが多かったです。夏にピンク、も十分「あり」なんだなぁと改めて思いました。

7月のお菓子・プリティ イン ピンク_a0392423_01581153.gif
↑参加しています。

7月のお菓子・プリティ イン ピンク_a0392423_01581297.gif
↑応援クリックどうぞよろしくです。

by farine12 | 2008-06-28 23:47 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・ココナツマカロン

7月のお菓子・ココナツマカロン_a0392423_01580525.jpg


 ドロップ式のとても作りやすいタイプのマカロンです。ココナツ、卵白、砂糖がメインで、混ぜて焼くだけなので、ほとんどコツのいらない手軽さが嬉しいのです。こんなに簡単なのに(笑)ひとかけ食べるとサクサクと軽い食感でなんだか止まらなくなってしまうのです…ある意味危険なお菓子と云えるかもしれません。

 クッキーの詰め合わせに入ってたりして、「ジャムサンドクッキーと並んで数がちょっとしか入っていなくて兄弟で取り合った」とか、「いつかマカロンだけをたっぷり食べたいと思ってました」とか、さまざまな思い出を語って下さる生徒さんが多くて、結構ノスタルジックなお菓子なのかな、なんて思います。今のようにエスニック料理店が普及していなかった頃は、ココナツマカロンやクッキーは、手軽に異国情緒が楽しめるお菓子でもありましたよね。あの独特の香りと甘みには、ふっと気持ちがワープしてしまうような懐かしさがあるのかもしれないですね。

 結構甘いですから、ブラックコーヒーや濃い目のウーロン茶などと相性が良いですよ。疲れた頭をリラックスさせるには、なかなかのお菓子といえるでしょう。

7月のお菓子・ココナツマカロン_a0392423_01580553.gif
↑参加しています。

7月のお菓子・ココナツマカロン_a0392423_01580832.gif
↑こちらにもクリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-06-27 23:56 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・杏仁豆腐

7月のお菓子・杏仁豆腐_a0392423_01580563.jpg


 以前予告したとおり(笑)杏仁豆腐の再登場です☆前からお茶の時間に出してはいたものの、手軽すぎてメニューとしてはどうなんだろう…とずっと思ってたのですが、去年初めて単発メニューでご紹介したところ、大好評だったのです!とろりと滑らかな食感で、くどすぎない風味です。杏仁豆腐の独特の香りが苦手という方でも、比較的食べやすいみたいですね。

 そのままだとちょっと寂しいので、グレープフルーツを使ったソースも上に流しています。ひと手間かけることで雰囲気も変わりますし、よりフレッシュな感じ。昼間はもちろんですが夕食後のデザートやお風呂上りにちょっと、というのにもピッタリなんですよ。アイスクリームに比べたらヘルシーですし(笑)。

 お鍋をかき混ぜてる間は手が離せないのでちょっと暑いですが、作業自体は10分ほどで終了してしまうくらいの手軽さです。ソースを作る時間も、グレープフルーツの皮むきさえ慣れてしまえばあっという間。後は冷やすだけですから、「毎日作って食べてました」という嬉しい報告を去年はたくさんいただきました。さて、今年の反響はどうでしょうね。なんだか今から楽しみです。

7月のお菓子・杏仁豆腐_a0392423_01580552.gif
↑参加しています。

7月のお菓子・杏仁豆腐_a0392423_01580523.gif
↑応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-06-26 23:50 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

7月のお菓子・アフターレイン

7月のお菓子・アフターレイン_a0392423_01580446.jpg


 HP更新も無事に終わり、これからひとつづつご紹介してゆきますね。第1弾は白ワインムースに青林檎ゼリーを乗せて角切りの洋梨をトッピングした「アフターレイン」。セルクルを雫型に組み立てて使っています。少し涼しげな、さっぱりめのお菓子になりました。雨上がりの爽やかなイメージと繋がったらいいなと思っています。実際には蒸し暑くて「爽やか」というわけにはいかないことが多いですが(笑)せめて気持ちだけでも…ね。

 林檎と梨って香りや食感が少し似ているところがありますが、あわせてみると、その個性の違いが改めてよくわかって面白いものです。特に青林檎は酸味を意識させる強い香りを持っていますが、洋梨の芳醇な柔らかい香りと一緒になると、途端にまろやかになるのが不思議。なかなかいいハーモニーなんですよ。

 スポンジを作ってくりぬき、ムースを作り、ゼリーを作り…と工程はやや多いですが、頑張った甲斐のあるお菓子だと思いますので、ぜひチャレンジしてくださいね。(6個分のお持ち帰りとなります。)

7月のお菓子・アフターレイン_a0392423_01580424.gif
↑参加しています。

7月のお菓子・アフターレイン_a0392423_01580413.gif
↑応援クリックどうぞよろしくです。

by farine12 | 2008-06-25 23:58 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

映画『西の魔女が死んだ』

映画『西の魔女が死んだ』_a0392423_01580441.jpg


 去年の夏にご紹介した本が6月に映画として公開されると聞いたのが4月でした。それ以来、ドキドキしながらも楽しみにしていました。思いいれのある本だけに、配役や風景など、自分のイメージしていたものとあまりギャップがなければいいなぁって…

 学校へ行けなくなってしまった主人公「まい」とイギリス人の「おばあちゃん」との回想シーンで構成されるこのお話は、「自分のことは自分で決める」「日々を規則正しく丁寧に暮らす」など、一見当たり前のようでいて、実は難しいことを押し付けがましくなく描いています。野いちごを摘んでジャムにしたり、シーツを手洗いしてラベンダーの上に干して香りを移したり、日常としての描写がある中で、「ひとは死んだらどうなるの?」という「まい」の問いかけに真摯に答える「おばあちゃん」とのやり取りがあったり、原作にかなり近い描かれ方をしていたのは嬉しかったです。

 それでも。「映像」として具体化されたときに、どうしても原作になぞって観てしまうので、映画の中で描かれなかったシーンのいくつかが瞬時に脳裏に浮かんでしまって「あれ?あのシーンは?」と違和感を残しながら観るかたちになってしまったのが残念ではありました。文章を読みながらイメージするとき、ひとは自然と自分の今までの体験や想いを乗せてしまうものですから、主人公の気持ちを追体験しているようで実は自分の感情もかなり入り込んでいるのですよね。境界線がどんどんあやふやになるというのか…それが映画では、映像として次のシーンに移ってしまうせいか、境界線が残ったままでした(笑)。公開されたばかりの映画ですから具体的にどのシーンとは云えないのが残念ですけれど…

 云ってしまったひとこと。云えなかったひとこと。どちらも、心に大きな影響を残します。気がつかなかった振りをしていても、何かの拍子に閉じていた蓋が外れて中身がぶわぁっと溢れて来るような、そんな感情の渦に巻き込まれるような錯覚を覚えるくらいに、時として「記憶」は恐ろしく鮮明です。「今現在」に起こっていることよりも遥かにリアルに浮かんできたりするものですよね。そんな想いの数々を、もっと映像表現として繋げてほしかったと、思いました。原作に敬意を払って、あまり押し付けがましくないようにという配慮からだったのかもしれませんが、ややもすると、唐突な印象になってしまうかな…と。原作を読まずに観たひとには、ちょっと分かりにくい部分が残るかもしれません。

 誰にとっても、自分の居場所を探すのは、大変なこと。ましてや学校生活という閉じられた場ではなおさらのことですね。あたかも「それがすべて」と思いがちですが、実は人生においては、ほんの一瞬のことなんですよね。本当に大事なのは自分がどう生きたいか、そのために何ができるか。物事の上辺ではなく、本質を見る目を養うこと。偏見で他者を排除するのではなく、自分のあるべき姿勢を貫くこと。他人に迎合するのではなく、自分が自分らしく居られる術を探すことは、決して「逃げている」のではなく、かなり前向きなアプローチなのだと…人間関係や将来の選択に悩む若いひとたちにとって、とてもいいメッセージになる映画だと思います。そしてもちろん、若い世代と関わるひとたちにとっても。シンプルな問いかけに、いったいどれだけ誠実に答えられるでしょう。自分の人生で経験したことを、どれだけ「伝えようと」してるでしょうか。実際にどれくらい伝わるかは別として、伝えたいと思う熱意こそが心を大きく動かすのだと再認識したのでした。

映画『西の魔女が死んだ』_a0392423_01580466.gif
↑参加しています。

映画『西の魔女が死んだ』_a0392423_01580448.gif
↑こちらにも応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-06-24 17:08 | 映画に想うこと | Comments(0)

ひとやすみ。

ひとやすみ。_a0392423_01580498.jpg


 もうそろそろ来月のHP更新に向けた準備で慌しくなりますが、その前にちょっと、ひとやすみ(笑)。メニューを組むときに一番考えるのは「バランス」なのですが、夏を前にすると、そのバランスをとること自体が難しくなるんですよね。

 バターも相変わらずのようですから、そんなに焼き菓子を取り上げられないですし、かといって全部がゼリーのようなさっぱり系というわけにもいかないですし。季節や気温を考えて作りやすいもの、生徒さんの好み、どんなシチュエーションで食べるのか…などなども含めると「あれは?」「でもやっぱり」「こっちかな?」「いやいや…」とブツブツ独り言が増えてゆくわけですね。困ったものです。

 パパッとイメージが沸くときもありますから、あんまりこだわりすぎずに、こういう時こそゆったりと、お茶の時間を持ちたいな、なんて思っています。こんなこと云って、実際は間近になってやっぱりバタバタしたりするんですけれど…今のところは、のんびり、ね。

ひとやすみ。_a0392423_01580489.gif
↑参加しています。

ひとやすみ。_a0392423_01580478.gif
↑こちらにも、クリックどうぞよろしくです。

by farine12 | 2008-06-23 23:46 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(0)

作品紹介その6

作品紹介その6_a0392423_01580375.jpg


 ベイクドスフレチーズケーキとランディフランボワを作られたのはYさん。教室が移転する前から熱心に通ってくださっている生徒さんです。育児の傍ら時間を作っては来て下さっています。今回のメニューはどちらも、「常連さん」向けのお菓子でHP上ではご紹介していないものなので、UPをどうしようかなーってちょっと迷ったんですけれど(笑)。美味しそうに出来上がっていたので、やっぱりご紹介です。今はご実家に帰省中のYさん、きっと腕を振るわれていることと思います。今回のも、ぜひレパートリーに加えてあげてくださいね。

作品紹介その6_a0392423_01580361.jpg


 そのときご一緒していたUさんの作品。ビスコッティとカラメルナッツマフィンです。工程が少ない焼き菓子同士なので、この組み合わせで作られた方が結構多かったですが、なかなか写真が撮れずにいました。この日はバッチリ☆Uさんありがとうございました!いつも出来上がったお菓子を誰かにお裾分けしているUさんですが、今回はどなたのところに行ったのでしょうね。楽しいティータイムでありますように。

作品紹介その6_a0392423_01580303.gif
↑参加しています。

作品紹介その6_a0392423_01580344.gif
↑こちらにも、応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-06-22 12:32 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

作品紹介その5

作品紹介その5_a0392423_01580231.jpg


 パソコンに向かいながら居眠りしてキーボードに頭をぶつけそうになったり(!)、アクセスが集中してるのか画像の転送に3分かかったりと、どうも更新できないまま時間が過ぎてしまいましたので、今回は頑張って早めの時間に書いています(笑)。

 『コーヒーケーキ』を作られたMさんと『マンゴーのムース』を作製されたSさんは、やはり、何回か同じ曜日にご一緒するうちに親しくなられたようです。一緒に食事をしたというお話を聞いて、あら楽しそう、なんて思っているうちに、今ではお互いのパートナーも一緒に、4人で逢うようになったとか(笑)。今度一緒にどうですか、なんて誘ってくださったのですが、ペア2組の中にひとりで参加してもねぇ~…ということで(笑)もっぱらお話を聞く専門です♪いつも楽しいエピソードを聞かせてくださるので、あっという間に時間が経ってしまうのでビックリしています。ご旅行を控えているSさん、どうぞお気をつけて行ってきて下さいね。また面白いお話を楽しみにしています。

作品紹介その5_a0392423_01580359.gif
↑参加しています。

 
作品紹介その5_a0392423_01580368.gif
↑こちらにも、応援のクリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-06-20 15:56 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る