<   2008年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

5月のお菓子・紅茶のシフォン

5月のお菓子・紅茶のシフォン_a0392423_01574449.jpg


 母の日に向けて、ふんわりと上品なお菓子を…とイメージすると、浮かんでくるのは「紅茶味のもの」。紅茶のプリンに始まり、アールグレイのムースと続いて、今年はシフォンにしてみました。しっかりと香りを抽出した紅茶液でふわふわのシフォンケーキを焼き上げて、表面にも紅茶風味のホイップクリームを塗ってみました。写真ではあまり分からないのですが、実際にはほんのりとベージュ色で、とても穏やかな雰囲気になるんですよ。

5月のお菓子・紅茶のシフォン_a0392423_01574426.jpg


 断面はこんな感じです。ね、優しい色合いでしょう?(笑)アールグレイを使っていますが、ほのかに漂うベルガモットの香りでとっても幸せな気分になれるのです。普通のショートケーキなどに比べて高さがある分だけ、クリームを塗るのは確かに難しいのですが、お母様の笑顔を思い浮かべて頑張ってもらえたらいいなぁと思っています。

5月のお菓子・紅茶のシフォン_a0392423_01574487.gif
↑参加しています。

5月のお菓子・紅茶のシフォン_a0392423_01574406.gif
↑おいしそうかも、と思ってくださったらクリックどうぞよろしくです。

by farine12 | 2008-04-30 23:51 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(1)

5月のお菓子・スコーン

5月のお菓子・スコーン_a0392423_01574477.jpg


 ずっとリクエストをいただいていたスコーンが登場です♪ 外はカリっと香ばしく、中はしっとり。でもべたっとした重たさはなくて、ふわっとした感じとでも云いましょうか…なかなか説明が難しいのですが。

 比較的シンプルな配合なので、プレーンのままメイプルシロップや蜂蜜と一緒に食べてもオススメですし、チョコチップやレーズンなどを混ぜ込んでも美味しいですよ。思い立ったらすぐに作れますし、丸く型抜きした状態で冷凍しておいて、ほんのちょっぴりお腹が空いた…というときに焼くこともできます。

 あんまり暑くなるとバターが溶けて扱いづらくなるので、教室では6月以降に取り上げたことはありません。お家で復習するのも、早めのほうがいいかな~と思います。(手順に慣れてくれば、多少気温が高くても大丈夫ですが)ご予約の日が極端に暑くないことを願いつつ(笑)ご紹介でした。

5月のお菓子・スコーン_a0392423_01574410.gif
↑参加しています。

5月のお菓子・スコーン_a0392423_01574491.gif
↑こちらにも応援クリックどうぞよろしく♪

by farine12 | 2008-04-29 23:57 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

5月のお菓子・ベリーヨーグルト

5月のお菓子・ベリーヨーグルト_a0392423_01574327.jpg


 スポンジとヨーグルトムースを4層に重ねて、フレッシュ苺をピューレにしたゼリーを乗せて仕上げたムースケーキです。ぱっと明るい、真っ赤な色合いに眺めているだけで元気になれそうですよね。

5月のお菓子・ベリーヨーグルト_a0392423_01574333.jpg


 カットすると、こんな感じなのです。可愛いでしょう?ヨーグルトムースにも、苺ゼリーにも白ワインを加えてありますので、とってもフルーティーで爽やかな風味です。甘さもギリギリまで抑えているので、さっぱりしています。午後のティータイムというよりは、皆が集まる夕食後のデザートにオススメしたいくらい。もうそろそろ苺もおしまいになってきますから、ご希望の方はお早めにお申し込みくださいね。

5月のお菓子・ベリーヨーグルト_a0392423_01574490.gif
↑参加しています。

5月のお菓子・ベリーヨーグルト_a0392423_01574437.gif
↑赤×白を気に入ってくださったら、応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-04-28 23:56 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

5月のお菓子・抹茶のミルクゼリー

5月のお菓子・抹茶のミルクゼリー_a0392423_01574347.jpg


 以前お茶の時間にお出ししたところ、かなり好評で「いつデビューしますか??」とリクエストをいただいていたゼリーです。とっても手軽に出来るのですが、抹茶のほんのりした苦味と「とろり」ととろける口当たりについ嵌ってしまいそうな美味しさなのです。

 小さめのゼリー型に流し分けて、抹茶ソースとホイップクリームを乗せてのお持ち帰りとなります。母の日にはもちろん、抹茶アイスなどがお気に入りという渋好みの(?)お子さんにもオススメですよ。

5月のお菓子・抹茶のミルクゼリー_a0392423_01574307.gif
↑参加しています。

5月のお菓子・抹茶のミルクゼリー_a0392423_01574305.gif
↑応援クリックどうぞよろしく♪

by farine12 | 2008-04-27 23:55 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

5月のお菓子・チョコレートメレンゲパイ

5月のお菓子・チョコレートメレンゲパイ_a0392423_01574288.jpg


 昨日HP更新を終えましたが、そこまでで力尽きてしまい…ブログ更新はできませんでした。楽しみにしててくださった皆さん、お待たせしました!

 こどもの日と母の日を控えている5月ですから、なるべくすべての年代の方に食べやすいお菓子を、と考えて、比較的「味の想像がつく、スタンダードなもの」を集めてみました。

 第一弾は『チョコレートメレンゲパイ』。さくさくした、甘くないブリゼ生地を香ばしく空焼きして、チョコレート風味のカスタードクリームを詰め、表面にはたっぷりとメレンゲを乗せています。模様を絞ったらバーナーで焦げ目をつけて。炎が怖いと云う方は、もちろんオーブンで焦がしてもかまいませんよ(笑)。

5月のお菓子・チョコレートメレンゲパイ_a0392423_01574375.jpg


 18cmパイ皿で作りますので、かなりボリュームがありますが、そこはやっぱり粉工房らしく甘さ控えめにしてあります。たっぷりのコーヒーとあわせてアメリカンな雰囲気にひたるのもいいですし、お子さんのおやつに、冷たいミルクとあわせても美味しいですよ。ふわふわ・さくさくの組み合わせをぜひ楽しんでくださいね。

5月のお菓子・チョコレートメレンゲパイ_a0392423_01574393.gif
↑参加中です。

5月のお菓子・チョコレートメレンゲパイ_a0392423_01574370.gif
↑こちらにも応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-04-26 22:53 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

作っては壊し、の日々。

作っては壊し、の日々。_a0392423_01574219.jpg

 
 お菓子教室をしているせいなのか、よく「手先が器用なひと」に誤解されやすいのですが、実際はかなり不器用です。HPやブログを始める前までは、作品の写真を撮ることもなかったですから、『不器用さ加減』を証明するものがなかっただけで…(笑)。勉強中の頃はかなり酷かったですし手順もいいとは云えないし、お手本どおりに出来上がった時を数える方が早い、というくらい、なんだか「別物」になっては、師匠に笑われていたものでした。

 世の中には「もともと器用」な方がいらして、何をやっても綺麗にこなせる様子を見て、落ち込むこともありました。それでも、幸い、お菓子つくりは私にとって『好きなこと』でしたので、それならひたすら「数」をこなそう、と思ったのでした。1~2回で綺麗に出来ないのは不器用な自分には当たり前、だったら5回・10回やってみようと。闇雲に作るだけじゃなくて、考えながら、観察しながらやってみようと。

 そうして少しづつカタチになってきた頃に、あるテレビ番組で若手のフレンチシェフの特集をやっていて、最後に彼が語ったモットーがあまりに素晴らしくて、メモを取ったのでした。「99%の努力と1%のひらめき」。まさにお手本にしたい言葉でした。天才と云われるシェフですらこんなに努力をしてるのなら、自分にもっと厳しくなくては。不器用とかセンスがないとか云う前に、できるだけの努力を重ねてこそ技術は身につくものなのだと。その先に、初めて見えてくる世界があるのだろうと。

 今でももちろん「克服した」とは云いきれないことはありますが、積み重ねた経験によって安定してきたものがあって、それを見た生徒さんが「器用ですね~」と誤解してくださる、というわけなのです。数をこなしただけであって、新しいことをやったら、やっぱりかなり不器用な筈です!(笑)

 ついこの前、古いメモ帳を眺めていたら、件のシェフの言葉を走り書きしたものを発見しました。びっくりしたのが、「1%のひらめきと99%の努力」と書かれていたこと。ひらめいたアイデアをカタチにするために、ありとあらゆる可能性と技法を探すという極意だったのでした!さすがに「天才」と呼ばれるシェフの言葉です。数字は同じ組み合わせなのに、順番が違うだけでこんなに変わってしまうなんて。。どこをどうしてそう思い込んでしまったのか不思議ではありますが、やっぱりわたしにとっては「99%」努力した先に「1%」のひらめきが待っている、というほうが人生の励みになるような気がしています。

作っては壊し、の日々。_a0392423_01574296.gif
↑参加しています。

作っては壊し、の日々。_a0392423_01574281.gif
↑応援のクリックどうそよろしくお願いします♪



 

by farine12 | 2008-04-24 23:26 | 原点/Starting Points | Comments(2)

大人の女性への憧れ

大人の女性への憧れ_a0392423_01574281.jpg


 ハイヒールに憧れていた少女時代を経て、実際にパンプスを履いたのは16歳くらいだったかと思いますが、3cmほどのヒールですら満足に歩けず、すぐに挫折したものでした。それ以来、「ちょっとかかとがある」程度のものばかりを選んでいますが、ショップに行くとやはり気になって眺めてしまいます。「大人の女性」の象徴のように感じるのですよね。

 ♪つむじ風のように回ってる
 いつからか退屈に感じるようになった日々

 それでも小さな出来事に心は揺れ 迷ってばかり

 少しだけ違う景色が見たくて 履いてみたハイヒール
 新しい風 吸い込む
 少しだけ高いとこへ行きたくて 履いてみたハイヒール
 空を仰いで 深呼吸

 大切に想うほど あの人を  
 不安にさせたくなくて 気丈に振舞ってしまう

 それでも時々寂しくて どうしようもない日もある

 少しだけ肩の力抜いてみて 履き慣らすハイヒール
 背伸びしてるわけじゃない
 少しだけ胸張って歩けるようになったときには
 新しい景色に 出逢う気がする   ♪

−山田タマル「ハイヒールの丘」−
 


 毅然と、でも悠然と構えておおらかに物事を捉えられたらどんなにいいだろう。そう思いながら、ちょっとしたことで心がざわざわと揺れる、そんな年頃。胸を張って颯爽と歩く素敵な女性とすれ違って、思わず振り返ってみたら、その足元には絆創膏がのぞいていて。そうかぁ、、と思いながら後姿を見送ったことが、何度もありました。

 憧れの姿に近づくために日々努力を重ねているうちに「自分らしさ」がなんとなく分かってきて、そうして女性は強くなってゆくのかな。ちょっとだけ無理をしているうちにいつの間にかクリアしていて、気づけば更なる高みに挑戦していることに気がついたりして、そうして精神も磨かれてゆくんですよね。思うように進まない時にも、ちょっと気分が停滞している時にも、ちょっとのキッカケで抜け出したときには、きっと新たな視点が待っている。そんな応援ソングだと思い込んで、時々口ずさんでいます。

大人の女性への憧れ_a0392423_01574260.gif
↑参加しています。

大人の女性への憧れ_a0392423_01574274.gif
↑こちらにもどうぞよろしく。





 
 

by farine12 | 2008-04-23 23:56 | はなうた♪/Humming♪ | Comments(0)

アプリコットタルト

アプリコットタルト_a0392423_01574173.jpg


 卵白を大量に使うお菓子が続いているので、このところのお茶菓子を作る基準は「卵黄のお菓子」。濃厚プリンだったりクレームブリュレだったり、写真のようにカスタードクリームを使うお菓子だったり。日持ちのしない卵黄の消費に追いかけられるのはちょっと大変ですが(笑)皆さんとっても喜んでくださるので嬉しい限り。

 こういうカスタード系のお菓子って、郷愁を誘うとでも云うのでしょうか、どこか懐かしさを感じますよね。素朴で穏やかで、奇をてらわないスタンダードの安心感があって。コーヒーでも紅茶でも、どちらも相性がいいのも嬉しいところなのです。

 こっくりとした黄色を眺めていると元気になれますし、まだしばらくはカスタードのお菓子が続きそうです。

アプリコットタルト_a0392423_01574196.gif
↑参加しています。

アプリコットタルト_a0392423_01574198.gif
↑応援クリックどうそよろしく。

by farine12 | 2008-04-19 23:48 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(6)

ひとくち。

ひとくち。_a0392423_01574059.jpg


 「ひとくちちょうだい」 「ちょっと味見させて」。この言葉がさりげなく、可愛く云えるひとはいいなぁと思っていた頃がありました。個別のものを一個分けてもらうのではなく、あくまでも「ひとつのもの」からひとくちもらうというのは、云うタイミングもありますし、なにより相手が困らない関係の近さでないといけないですし。また、断られたときにもさらっと流せるくらいの余裕が最初からなくては相手も違和感が残るでしょうし…家族以外ではなかなか云えない言葉だったのです。

ひとくち。_a0392423_01574022.jpg


 自分が云えなかったことを考えたら、もしかしたら遠慮してるかも。。なんて勝手に思って、云われる前に「ひとくち食べてみる??」と相手に聞いてみたりして、逆に不可解そうな表情をされたり。「そんな顔をしてたのかな」と聞き返されて失礼だったかしらとどぎまぎしたり…そうかと思えば「いいの?」と半分以上食べられてしまってちょっと寂しい思いが残ったり(笑)。なかなか難しいものですね。こんなに簡単なひとことなのに、いろんな要素を含んでいるんですよね。まさにコミュニケーション能力を象徴するような言葉だなぁ、これをさらりと出来てしまう人はやっぱり凄いんだなぁ、なんて改めて思ったりします。

ひとくち。_a0392423_01574125.gif
↑参加しています。

ひとくち。_a0392423_01574181.gif
↑こちらにも、応援クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2008-04-18 23:44 | 想いの欠片/Pieces of My Mind | Comments(0)

待ちぼうけ。

待ちぼうけ。_a0392423_01574094.jpg


 「な~んか、まだまだお仕事終わらないんですね。せっかくいいお天気なのに。。」と云わんばかりに「じぃぃっ」と見詰める「ちびわんこ」。こんなときに出かける支度をしようものなら、玄関前に先回りして見張りと化すのですが、話してたり書き物していたりすると、こうして少し離れたところからウトウトしながら私たちを見ているのです。

待ちぼうけ。_a0392423_01574064.jpg


 「あの、そんなこと云ってないで、終わったんだったら連れて行ってくださいよ、ほら陽もずいぶん傾いてきてしまいましたけど…」と少し不満そう。うんうん、もうちょっと待っててね、あ、そうだ、コレで遊んでたら?と差し出したおもちゃには目もくれない彼女は…

待ちぼうけ。_a0392423_01574026.jpg


 下敷きにしていました(笑)。思いっきり不満そうに「じと~っ」としています。自分の意思でおもちゃ箱から引っ張り出してくるときには、あんなに自慢げなのに、その対比のはっきりしてるところが笑ってしまいます。「おねえさん、こんなのでごまかさないでくださいね」と云わんばかり。「さっき、待っててね、って云いましたよね。わたしちゃんと覚えてるんですから」…だそうです。

待ちぼうけ。_a0392423_01574086.gif
↑お菓子の話ではありませんが、応援お願いします♪

待ちぼうけ。_a0392423_01574059.gif
↑こちらにも「ちびっと」どうぞよろしく。

by farine12 | 2008-04-16 22:49 | ちびわんこ/My dog | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る