<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

穏やかに熱く

穏やかに熱く_a0392423_01565269.jpg


 数年前に、よく流れていた曲を、寒くなる今頃になると思い出します。日が短くなって、夕暮れの深さに追いかけられるように感じる季節。なんとなく心細くなって、人恋しくなって、誰かとちょっと話したくなる、そんな季節に。


 ♪ 少しずつ街の風も冷たくなってきたから
   風邪をひきやすい あなたのことが気になります
   冬の匂いが僕を通り抜け始めると
   溢れるほど切なくて逢いたくて…

   いつか又どうしようもなく寂しくなったその時は
   何処にいても 何をしてても 駆けつけてあげるから
   ありふれてる言葉なんて捨て去ってしまおう
   何も要らないあなたがいる それだけが僕の全て

   いつか又大きな波があなたを連れ去ろうとしても
   全ての力を使い果たし 守ってあげるから
   時間は過ぎ人は流れ 何もかも見えなくなっても
   ここに居るすぐ傍に それだけが僕の全て  ♪

      −ゆず−「いつか」



 少し離れたところに暮らす「たったひとり」を想う曲なのかもしれませんが、なんとなく、聴いた瞬間にイメージしたのは「恋人」ということだけではなく、以前出逢って別れていったひとたちでした。人生の節目節目で出逢い、一定の時間をともに過ごし、夢を語り、そして次のステップへと進むうちに別々の時間を過ごすようになったひとたち。今はどうしているのだろう、とふとした瞬間に思い出すひとたち…

 元気で幸せに暮らしているかしら、当時の目標には近づけたかな、もしも寂しく辛い想いをしているなら、ほんのちょっぴりでも温かな気持ちになったらいいな、どうぞこの想いが風に乗って、やさしくそのひとの元へ届くといいな。そんなふうに思う曲なのです。そして、わたしがそのひとたちを想うように、もしかしたらそのひとたちも、わたしのことを想い出してくれてるかもしれないと、勝手に(?)思い描いては、「ありがとう。元気です。幸せな日々を送っています」と呟いてみるのでした。

穏やかに熱く_a0392423_01565212.gif
↑参加しています。

穏やかに熱く_a0392423_01565361.gif
↑こちらにも、どうぞよろしく。

by farine12 | 2007-11-30 23:35 | はなうた♪/Humming♪ | Comments(0)

作品紹介その7

作品紹介その7_a0392423_01565238.jpg


 クリスマスのお菓子を、少し前倒しで作られたのはGさん。研究で作製した『雪をかぶったチョコケーキ』を味見していただく機会があり、すごく気にいってくださったようで、教室に来てくださったのです。「子どもが小さかった頃はお菓子もよく作ったのだけれど…」とお話しされながら、楽しそうに作ってくださったので嬉しかったです。同席された生徒さんが作製していた『バナナとへーゼルナッツのタルト』にも興味津々のご様子で、お菓子はいいわね、楽しいわね、家族が喜んでくれるものね、とにっこり微笑んでくださったのが印象的でした。

 ご近所のホームパーティーに持って行きたいからとの受講でしたが、とても好評で、しばらく飾ってから最後に切ってくださったんですよ、と報告してくださいました。手作りのお菓子でその場の雰囲気が和んで、同席された方達が喜んでくださったら、とても幸せなことです。また、機会がありましたら、楽しいコミュニケーションのお手伝いをさせていただけたら…と願っています。

作品紹介その7_a0392423_01565249.gif
↑参加しています。クリックどうぞよろしくです。

作品紹介その7_a0392423_01565264.gif
↑こちらにも、ぜひ応援クリックお願いします。

by farine12 | 2007-11-29 22:48 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

しっかりタルト

しっかりタルト_a0392423_01565283.jpg


 せっかく作ったタルトが、型から出そうとしたら底が綺麗に取れなかった、なんてなったらショックですよね。表面は綺麗に焼き色が付いてるのに、底が白っぽかったり、焼けてはいるんだけど中心が湿っぽいなんていうのは、下火の通りが足りないということ。残念ながら型から外すまで分からないことなので、もしそうなってしまったら、次回再挑戦する時にいくつか気をつけて作ってみてくださいね。

 まず、オーブンの中で段が2~3段あるなら、焼き時間の半分以上を下の段で焼いてみるとか。それでもいまひとつの焼き上がりだったら、焼き時間の全部を、下段で焼いてみてください。

 テンパンだけじゃなく、オーブン庫内用に付属の網があるようでしたら、タルト型を網の上に乗せて、下段で焼いてみてください、熱の通りがぐんと良くなります。もし付属品がテンパンしかなかったら、予めテンパンをオーブンに入れた状態で余熱をして、テンパンを温めて(熱して?)おくのも手です。テンパンを取り出してタルトを乗せ、オーブンに入れて焼き上げると少しは改善されるはずなのですが…ただ、やけどには充分注意してくださいね。

 余談ですが、以前生徒さんから、洋梨のタルトを作ったら、底のタルト生地が型から少し浮いた感じになってて、そこだけが白っぽかったのは何故でしょうとご質問がありました。空焼きしないで「アーモンドクリーム」のような重たい生地を一緒に焼きこむ場合によく起こる現象です。解決法としては「底にしっかりピケ(空気穴をあける)」をすること。フォークなどで、特に型の中心を引っ掛けるように穴をあけます。ピケが足りないと焼いているうちにタルト生地が浮いてしまい、型から離れてしまった部分の火通りが悪くなってしまうのですね。

 オーブンの特徴や癖は一台づつ違うとはよく云われます。焼き加減は、オーブン庫内の熱の回り方でかなり変化しますので、それこそ室温が低くなる冬には、少し時間に余裕を持って、前倒しで予熱しておくことも大事かと思います。オーブンの癖を掴むまで、何回か作ってみてくださいね。

しっかりタルト_a0392423_01565293.gif
↑参加中です。応援クリックどうぞよろしくお願いします♪

しっかりタルト_a0392423_01565278.gif
↑ついでに、こちらにもぽちっとよろしくです。

by farine12 | 2007-11-28 23:53 | お菓子作りのヒント/Hints for Baking | Comments(0)

作品紹介その6

作品紹介その6_a0392423_01565130.jpg


 特別メニューのラズベリーのムースを作られたのはHさん。出産されたお友達のお誕生日に何か作ってあげたいからとのことで、挑戦されました。淡いピンクの、ちょっと酸味のあるムースとスポンジが層になってて、作りながら何度も「かわいい色~♪」とニコニコされてました。飾りのクリームを絞りながら、時にはむふ、なんて笑ってたりして…

 この日は室温がやや低かったので、お友達のお名前を入れるのにチョコレートがすぐに固まってしまい、大苦戦していらっしゃいましたが、出来上がりは喜んでくださったので嬉しかったです。お友達には喜んでもらえたのでしょうか…今度はぜひおうち用に、また復習して作ってもらえたらいいなと思ってます。

作品紹介その6_a0392423_01565191.gif
↑参加中です。クリックどうぞよろしく。

作品紹介その6_a0392423_01565184.gif
↑なんか可愛い~と思ってくださったら、ぜひこちらにもお願いします。

by farine12 | 2007-11-27 23:54 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

作品紹介その5

作品紹介その5_a0392423_01565141.jpg


 少し遡ってのご紹介となります。以前ご夫妻で参加してくださったIさん(ご主人)とRさんがペアでいらしてくださって、Iさんは「くるみのスクエアケーキ」を作られました。仕上げにメイプルシロップアイシングをかけ、ローストした胡桃を乗せているところを写させてもらいました。とっても丁寧に作業されていたのが印象的でした。

作品紹介その5_a0392423_01565167.jpg


 そして、Rさんの作られたのが「マロンのティラミス風」。ココアスポンジとクリームを交互に重ねながら時々Iさんのご様子をさりげなくフォローするあたり、前回に比べておふたりでいることに少しづつ慣れてきたんだなぁと微笑ましかったです。後ろに写っているのは「キルシュ・シュニッテン」でYさんの作品。この前もご一緒する予定だったのが、ご主人が休日出勤することになり、まだ小さな赤ちゃんが居てのことですから泣く泣くキャンセルされたのでした。今回は、リベンジとばかりにIさんご夫妻とご一緒になることを楽しみにしていらしたようで、3人でとっても楽しそうでした。3品並べてお互いに写真を撮りながらこの角度が美味しそうとか、こうすると「粉工房チックに撮れますね」と盛り上がっていました(笑)。

 お二人で2品作製されたので、お家に帰られてからのお茶会も、会話が弾んだのではないでしょうか。ぜひまた、いらしてくださいね。Yさんともども、次の機会を楽しみにしております。

作品紹介その5_a0392423_01565157.gif
↑参加しています。応援クリックお願いします♪

作品紹介その5_a0392423_01565101.gif
↑こちらにも、ぜひ。

by farine12 | 2007-11-26 23:52 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

クリスマスのお菓子・ホワイトドリーム

クリスマスのお菓子・ホワイトドリーム_a0392423_01565086.jpg


 数日前にこのお菓子の写真を載せたときには、ホールのままでしたので、今夜は断面もお見せしちゃいます♪中はほんのり甘酸っぱいラズベリームースなんですよ。

 シート状に焼き上げたスポンジをカットしながら詰めていってドーム型に敷きこんだ中にムースを詰めて、残りのスポンジでフタをするようにして。ひっくり返して生クリームでデコレーションしています。絞るのが苦手な人は、パレットナイフでパタパタとツノができるように塗りつけてもいいですね。ピンクのアラザンで飾っていますが、お好みの砂糖菓子を散らしても可愛いと思いますよ。すこし、根気の要る作業もありますが、出来上がりはとっても見栄えしますので、テーブルに登場させた時のご家族の反応を楽しみに、頑張って作って欲しいと思っています。

クリスマスのお菓子・ホワイトドリーム_a0392423_01565009.gif
↑ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。

クリスマスのお菓子・ホワイトドリーム_a0392423_01565163.gif
↑こちらにも、クリックどうぞよろしく。

by farine12 | 2007-11-24 23:56 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・フルーツケーキ

クリスマスのお菓子・フルーツケーキ_a0392423_01565007.jpg


 粉工房オリジナルの自家製漬け込みフルーツがたっぷり入った、風味豊かなフルーツケーキ。18cmのパウンド型3本分を作ります。スパイスやその他(ナイショ)いろいろ入って、とてもしっとりした食感です。焼きあがったらすぐにラム酒を塗りつけますので、すごく日持ちがするんですよ。できれば2週間寝かせてから召し上がると、全体がまろやかにまとまってくるので、プレゼントにもオススメです。

 3本分ですから、バターのすり混ぜには、かなりの腕力を使いますので、受講希望の方は、ちょっぴり覚悟しておいて下さいね(笑)

クリスマスのお菓子・フルーツケーキ_a0392423_01565059.gif
↑応援のクリックどうぞよろしくお願いします。

クリスマスのお菓子・フルーツケーキ_a0392423_01565036.gif
↑できましたらこちらにも、ぜひ。

by farine12 | 2007-11-23 00:45 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・ミルキークリーム

クリスマスのお菓子・ミルキークリーム_a0392423_01564904.jpg


 暖かなお部屋の中で、ひんやりスイーツを楽しむのも、ちょっと贅沢な気分に浸れる瞬間ですよね。一見ソフトクリームのようなこのお菓子は、レアチーズケーキのホワイトチョコ風味、といった感じです。クリームチーズのほのかな酸味と、ホワイトチョコのミルクっぽい甘さ。ともにねっとりした口どけの素材ですから、組み合わせることで「とろん」と溶けてゆく感覚がなんともコクがあって美味しいんですよ。

 底のほうにはオレンジジュースを使ったシロップをしみこませたスポンジが隠れていますので、爽やかな風味も楽しめます。ただ甘く濃厚なだけでは、飽きてしまいますものね。可愛らしい紙製のカップ(直径3cmほど)で8個分のお持ち帰りとなります。ちょっとしたお裾分けや、ホームパーティーのデザートにいかがでしょうか。

クリスマスのお菓子・ミルキークリーム_a0392423_01565008.gif
↑なんか可愛いかも、と思ってくださったらクリックお願いします。

クリスマスのお菓子・ミルキークリーム_a0392423_01565077.gif
↑こちらにも、応援よろしくです。

by farine12 | 2007-11-22 00:51 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・クグロフ

クリスマスのお菓子・クグロフ_a0392423_01564910.jpg


 昨夜UP予定でしたが、何故かヤプログ!さんが重たくて重たくて…コメントのお返事を書くだけでも送信するのに数分かかる状態でしたので、諦めたのでした(泣)。

 さて、今回ご紹介するのは発酵させたタイプのクグロフ。パネトーネにも似た、ドライフルーツが入った生地です。ラム酒に漬け込んだレーズンをメインに、オレンジピールなども入るので、フルーティーな香りが特徴です。焼き上げた後に砂糖を振り掛けるのですが、ひと手間かけてみぞれ状にしてあります。このプチプチとした食感と、溶けかけた時のしっとりした食感、どちらもお気に入りなのです。

 15cmのクグロフ型2台分のお持ち帰りです。1台はそのままプレゼントにしてもいいですよね。前日から低温発酵させる準備がありますので、前日(と、当日も)のキャンセルは受付できませんのでご了承くださいね。

クリスマスのお菓子・クグロフ_a0392423_01564916.gif
↑参加中です。応援クリックお願いします♪

クリスマスのお菓子・クグロフ_a0392423_01564936.gif
↑こちらにも、ついでにお願いします。

by farine12 | 2007-11-21 17:00 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

クリスマスのお菓子・雪をかぶったチョコケーキ

クリスマスのお菓子・雪をかぶったチョコケーキ_a0392423_01564990.jpg


 先日合羽橋にて購入した、細身のパウンド型で、すっきりとした印象のケーキを作りたいなとレシピを組みました。ココアがたっぷり入ったバターケーキに、アプリコットジャムとアイシングでコーティングしました。中心には赤と緑のドレンチェリーを並べていますので、ちょこっとメルヘンチックな仕上りとなりました。

 しっとりとしたケーキに、シャリシャリした砂糖衣の組み合わせは、すりガラスのような、降り積もった雪のような、まさにクリスマスにピッタリのデコレーション♪子供さんから年配の方まで、幅広い方に召し上がっていただけると思います。2本作って、1本づつ箱に入れてリボンをかけた状態でのお持ち帰りとなります。溶かしバターを加えて作る方法ですから、「混ぜる」力も少なくてすむのがポイントだと思っています。

クリスマスのお菓子・雪をかぶったチョコケーキ_a0392423_01564932.gif
↑参加中です。応援クリックどうぞよろしく。

クリスマスのお菓子・雪をかぶったチョコケーキ_a0392423_01564947.gif
↑こちらにも、ぽちっとよろしくお願いします♪

by farine12 | 2007-11-19 23:40 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る