<   2007年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

10月のお菓子・かぼちゃのタルト

10月のお菓子・かぼちゃのタルト_a0392423_01562930.jpg


 10月のイベントといえば、ハロウィンですね♪昨年、かぼちゃのお菓子を2種類出したところ、とても好評でしたので、引き続いて今年も取り上げることになりました。こちらは去年大人気で、受講しそびれた生徒さんから「今年は出ますか?」と熱烈なラブコールを受けて再登場しました。もうひとつのかぼちゃのお菓子は新作で、明日ご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

 少し甘さのあるタルト生地に、たっぷりのかぼちゃを入れた生地を詰めて焼き上げます。食感は、そう、スイートポテトのかぼちゃ版といったところです。皮を利用して、「ジャック・オ・ランタン」風に飾りを作ってトッピングすれば、一気にハロウィン気分も盛り上がりますね。あまりいろいろ考えずに、遊ぶつもりで目・鼻・口に切り込みを入れてみても。お子さんと一緒に作っても楽しいですね。普段のお茶菓子にも、ホームパーティーにもぴったりだと思います。

10月のお菓子・かぼちゃのタルト_a0392423_01562964.gif
↑参加しています。応援ありがとうございます♪

10月のお菓子・かぼちゃのタルト_a0392423_01562955.gif
↑こちらもどうぞよろしくです。

by farine12 | 2007-09-30 23:25 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

10月のお菓子・キャラメルりんごのバターケーキ

10月のお菓子・キャラメルりんごのバターケーキ_a0392423_01562835.jpg


 毎年りんごのバターケーキは、教室メニューやお茶のお菓子として何かしら出しているのですが、今回はいちょう切りにしたりんごをカラメルでソテーして、生地に混ぜ込んでみました。カラメルの焦がし加減で、バターケーキの断面の色合いも変わってきます。うんと大人味がお好きなひとは、思い切ってしっかり焦がしてみましょう。深みのある色合いに焼きあがります。

 あまり苦いのは苦手、という方は柔らかめの色合いで止めておくと、りんごの酸味が引き立つバターケーキになりますよ。こうしてちょっとだけ選択肢があるときって、必ず「どっちがオススメですか?」と聞かれるんですよね。どちらにも、それぞれ違う美味しさがあるので一概に云えませんけれど…個人的には、しっかり焦がしたタイプのほうを良く作ります。プレゼントなど、自分があまり食べない前提だと、無難なところで「中間」にしてみたり。シンプルなものほど、その時の状況がよく分かったりするのも、焼きっぱなしのお菓子の魅力かもしれません。

10月のお菓子・キャラメルりんごのバターケーキ_a0392423_01562829.gif
↑なんだか美味しそう、と思われたらクリックで応援お願いします。

10月のお菓子・キャラメルりんごのバターケーキ_a0392423_01562978.gif
↑こちらもどうぞよろしく。

by farine12 | 2007-09-29 23:56 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

10月のお菓子・マロンプディング

10月のお菓子・マロンプディング_a0392423_01562867.jpg


 栗のほっくり感が出るお菓子がいいなぁ~と考えて、もうひとつのお菓子は「プディング」にしました。最初はカスタードプリンの栗風味にしようかと思ったのですが、せっかくの秋ですから、もう少し「重さ」を感じさせるお菓子にしたかったのです。

 バターと卵黄を混ぜて、ケーキクラム(スポンジケーキを粉状にしたもの。生パン粉のケーキ版といったところ)と甘露煮の栗を混ぜて、メレンゲをふんわりと混ぜ込み、蒸し焼きにしたもの。イギリスでよく食べられる『プディング』にしました。日本で定着している「カスタードプリン」をイメージしてしまうと、ちょっとビックリしてしまうかもしれません。バターケーキのような、スフレのような、独特の食感です。出来立てを食べると「ほわっ」としてますし、しっかり冷ますと「どっしり」しています。この感じ、説明するのが難しいので、とにかく食べてみてください、と書いておきます(笑)。

10月のお菓子・マロンプディング_a0392423_01562860.jpg


 ホイップクリームとチョコレートクリーム、そして甘栗もトッピング。栗とチョコって相性がいいなぁと改めて思う瞬間です。ついこの前の、溶け出しそうに暑い時にはうっとうしく感じそうなお菓子を、こうして楽しめる季節になるのですから、日本に暮らしていて良かったと思ってしまいました。

 プラスチックのプリン型5コ分のお持ち帰りですが、6月の「マンゴープリンデラックス」でガラスのプリンカップを購入された方は、どうぞご持参くださいね。

10月のお菓子・マロンプディング_a0392423_01562861.gif
↑応援クリックどうぞよろしく。

10月のお菓子・マロンプディング_a0392423_01562845.gif
↑こちらもぽちっと、どうぞよろしく。

by farine12 | 2007-09-28 23:48 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

10月のお菓子・田舎風りんごのタルト

10月のお菓子・田舎風りんごのタルト_a0392423_01562757.jpg


 林檎のタルトは、様々な配合・作り方のものがありますね。粉工房でも、以前2種類登場させたことがあり、とっても好評だったのですが…オープンして5年、長く通ってくださってる生徒さんも多いので、常々新しいレシピを組む必要に迫られるわけですね(笑)。そこで今回のは、タルト生地を空焼きする時に、一緒にりんごも並べて焼いてみました。カリカリに香ばしい、というわけにはいきませんが、そのかわり、りんごの爽やかな香りがタルト生地に移って、それも幸せな感じでした♪

 そこに、ちょっと固めのプリン生地のようなものを流し込んでさらに焼いて仕上げます。クラフティより弾力があるので、しいて例えるなら…「ういろう」のような食感という感じかな。とても素朴ですが香りの良さが特徴です。ぷるんとした歯ごたえも、一度はまってしまうと「クラフティは物足りない」という人も出てくるほど。たまにはこんな家庭的な、おばあちゃんの味、のようなお菓子もいいかなと考えて取り上げてみました。りんご好きの方は、ぜひ、どうぞ!

10月のお菓子・田舎風りんごのタルト_a0392423_01562783.gif
↑応援クリックどうぞよろしくお願いします♪

10月のお菓子・田舎風りんごのタルト_a0392423_01562881.gif
↑お急ぎでなければ、こちらもついでによろしく(笑)。

by farine12 | 2007-09-27 23:48 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

10月のお菓子・マロンロール'07

10月のお菓子・マロンロール\'07_a0392423_01562735.jpg


 せっかく宣言どおりに25日中にHPを更新したのに、ちょっと力尽きてしまって(?)ブログ更新までは到りませんでした…一日遅れではありますが、これからひとつづつ、ご紹介してゆきますね。

 第1弾は『マロンロール'07』です。これまでにマロンのロールケーキを2種類出してきましたが、それぞれレシピが違いますので、区別のつもりで’07とつけてみました(笑)。今回のは、スポンジ生地にリ・ファリーヌを使用して、しっとりなのに充実した口当たりにしました。マロンペーストを使ったクリームを巻き込んで、表面には真っ白なホイップクリームをモンブラン口金で絞ってデコレーション♪栗の甘露煮もトッピングして、ちょっとおめかしさせてみました。

10月のお菓子・マロンロール\'07_a0392423_01562708.jpg


 ロールケーキは、スポンジ生地の配合や中のクリームによって無限に組み合わせが広がるところが楽しみのひとつ。なんとなくカジュアルな印象が強いですが、こうしてちょっとデコレーションすることで雰囲気ががらりと変わりますよね。おもてなしにも、ちょっとした手土産に持っていくのにも、きっと喜ばれると思います。リ・ファリーヌのせいか、少し和風の印象もありますので、幅広い年齢のかたに楽しんでいただけるのではないかと思っています。

10月のお菓子・マロンロール\'07_a0392423_01562773.gif
↑美味しそう…と思ってくださった方、応援クリックどうぞよろしく。

10月のお菓子・マロンロール\'07_a0392423_01562794.gif
↑こちらも引き続き参加中です♪

by farine12 | 2007-09-26 23:51 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

いい季節の到来

いい季節の到来_a0392423_01562652.jpg


 林檎と梨が出回る季節。そろそろ秋の始まりです。気温も少し落ち着いて、湿度もちょっぴり低くなるからお菓子作りには最高の季節の到来♪バターもチョコも、扱いやすくなりますし、何より、さっぱりめのものから濃厚な味が恋しくなるのも秋ならではですね。

 そしてもうひとつ、本を読むのにもいい時期ですね。早めに用事を済ませて読みかけのページを開くのが楽しみな、夜。今読んでいるのはジュンパ・ラヒリの『停電の夜に』という短編集です。ロンドン生まれ・アメリカ育ちのインド系女性作家で、O・ヘンリー賞、ヘミングウェイ賞、ピュリッツァー賞などを受賞したデビュー短編集ということで、前から読んでみたかったのですが、いつのまにか時間が経ってしまってたのでした。

 まだ最初の2編 『停電の夜に』と『ピルサダさんが食事に来た頃』を読んだだけですが、早くもその世界に浸ってしまっています。あるきっかけで少しづつすれ違ってしまった若い夫婦が、毎夜1時間の停電のあいだにロウソクの灯りのもと、お互いの秘密を語りだすとか、アメリカ在住のインド系の少女が、ダッカ出身のお客様を迎えることでインド・パキスタンの分離問題に想いを馳せたり…劇的なことが起きるわけでもなく、ごく普通の日常の中で生まれる感情の機微をやわらかに、でも印象的に描いているのです。

 他者と関わること。それが「実際に目の前にいるひと」であれ、「遠く離れた場所にいるひと」であれ、関わる前とその後では、何かが変化すること。自分が立っている場所はなにひとつ変わっていないのに、心持ちが変わってしまうこと。「知ってしまった」ことはわずかなことのようなのに、心の隅にいつのまにか住みついてしまって、ふとした瞬間にじわりと滲み出てきてしまうこと。もう、「その以前」には、戻れないのではないかと思ってしまうこと。日々は相変わらずに進んでいるというのに、少しだけテンポがずれているような気がしてしまう感じ…この読後感、どこかで知ってるような気がすると思いながら読んでいて、ふっと「レイモンド・カーヴァー」を連想してしまいました。彼のような「硬さ」はないのですが、日々の暮らしの中での「その後」がいかに当事者にとって大きなことか、他者にとって一見取るに足りないことが、いかに根強く当事者の「核」になっているかを、丁寧になぞっているところ。地域や近隣住民との微妙な距離感だけではなく、一家庭の中ですでに始まっている差異のきっかけを、ドライに、冷静に見つめているところなど…

 秋の夜長、というほどではまだないけれど、日が落ちるのも確実に早くなっているこの頃。静かに想像力を集中させながら読む時間が、とても懐かしく感じられるのでした。

いい季節の到来_a0392423_01562650.gif
↑参加しています♪

いい季節の到来_a0392423_01562700.gif
↑こちらも応援クリックどうぞよろしくです。

by farine12 | 2007-09-24 23:44 | 思い出の本/Books in my Memories | Comments(0)

作品紹介その8

作品紹介その8_a0392423_01562617.jpg


 手前に写っているのはレギュラーB-8の『ガトーフロマージュバレンシア』。フレッシュオレンジを絞って加えているレアチーズケーキで、中にスポンジが2枚、入っていて4層構造になってます。オレンジの皮とピスタチオでアクセントをつけています。作製されたのはAさん。夏の暑い間しばらくお休みされていましたが、第2子の出産を控えて体調が少し安定してきたご様子で、また通って下さっています。早く涼しく、過ごしやすくなるといいですね。

 もはや定番と化した(?)スイートポテトを作られたのはHさん。同時進行でチョコバナナロールも作製されました。やや慌しかったですけれど、ロールケーキの巻き方のちょっとしたコツを納得されたようで、良かったです。なるほど~と嬉しそうににこにこされていました。生地の配合や挟むものによって、無限の組みあわせがあるように、「巻きやすさ」もいろいろです。まずは「作りやすい・巻きやすい」生地で数回練習してくださったら、ずいぶん慣れると思いますので、ぜひご自宅でも作ってみてくださいね。

作品紹介その8_a0392423_01562664.gif
↑応援クリックどうぞよろしくお願いします。

作品紹介その8_a0392423_01562626.gif
↑こちらのポイントもおかげさまでずいぶん上がりました!

by farine12 | 2007-09-22 23:43 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(2)

アプリコットバターケーキ

アプリコットバターケーキ_a0392423_01562666.jpg


 アプリコットをたくさん混ぜ込んだバターケーキを作りました。表面にはシュトロイゼル(クッキー生地のようなそぼろ状のもの)を乗せて焼きこんでいます。

 カットした時に覗くオレンジ色の果肉。サクサクのトッピングとほんのりした酸味。こういうバターケーキを食べると、なんだか温かい気持ちになりますね。まだまだオーブンをまわすには暑い日が続いていますが、こういう焼きっぱなしのお菓子で、時間の経過とともに全体が馴染んでしっとりしてくるものって無性に恋しくなる時があるのです。ひとくち食べてみて、「あぁ、この感じ」とでも云いたくなるような…

 ほんのちょっぴり、足踏みしている『秋の訪れ』に想いを馳せて窓の外を眺めれば、暑いとは云っても、光りの色合いが違ってることに気がつきます。きっと、いつのまにか、すとんと秋になっているのでしょうね。季節の移り変わりを見届けながら楽しむお茶時間も、いいものですね。

アプリコットバターケーキ_a0392423_01562697.gif
↑応援クリックありがとうございます。

アプリコットバターケーキ_a0392423_01562681.gif
↑こちらにもポチしていただけると嬉しいです。

by farine12 | 2007-09-20 23:55 | 幸せなお茶/Happy Tea Time | Comments(4)

がらがら、ごん!

がらがら、ごん!_a0392423_01562576.jpg


 レッスンの後、自宅から遊びに来た「ちびわんこ」。おもちゃのプラスチック製ボールの中に砕いたビスケットやらジャーキーやらを詰めてもらうと、嬉しそうにゴロゴロと転がして遊びます。ボールの一箇所に直径2cmほどの穴が開いていて、転がすことで、その穴からおやつが出てくるというもの。最初は、「こんなので遊ぶより、直接はいどうぞ、ってもらえるほうが嬉しいんですけど…」とばかりに困惑していましたが、今では大興奮で追い掛け回しています。あまり端っこまでボールが行ってしまうと、器用に咥えて自分の好きな位置まで持ってきて、そこからまたスタートするくらいの熱心さなのです。そんな時に声を掛けると「おねえさんには、あげませんからね」とちょっと警戒した顔つきになるのが面白いのです。

がらがら、ごん!_a0392423_01562586.jpg


 だれも、そんなの取りませんってば。ちょっとからかってみただけなんですけどね。さんざんボールを追い掛け回し、がらこん・がらごんとあちこちにぶつけながら興奮して「うっ」とか「むぎゃ」とか云っている姿を見てるだけでもなんだか楽しいんですよね。それでも、段々疲れてくると、「まだもう1個、残ってるんですけど、取れません~取ってください~」といいたげにこちらを見ます。だって、さっき取っちゃダメって云ってたじゃない、自分で頑張れば?と、わざと知らん振りしていると…拗ねてしまい、いつの間にかうとうと転寝してしまうちびわんこなのでした。

がらがら、ごん!_a0392423_01562566.gif
↑参加中です。ちびっとクリックよろしくです。

がらがら、ごん!_a0392423_01562586.gif
↑こちらも。ありがとうございます。

by farine12 | 2007-09-20 00:22 | ちびわんこ/My dog | Comments(1)

作品紹介その7

作品紹介その7_a0392423_01562473.jpg


 先月のお菓子のピーナッツバタークッキー、葡萄のゼリー、ベリーゼリー、ファジーネーブル、そして、今月のお菓子のスイートポテト。この5種類をおひとりで作られたのは、Kさん。今は長崎にお住まいなので、こちらへ里帰りされる時に、まとめて受講されています。午前・午後と通して、5種類!これまでは最高でも4種類でしたから、ちょっぴりハードでしたが、作品を全部並べたら、きっと疲れも吹き飛んでしまうでしょうね。急いで撮らせてもらったので、並べ方にちょっと課題は残りますが、全部揃うとさすがに圧巻です。お疲れさまでした。次回またお逢いできる時を楽しみにしていますね。

作品紹介その7_a0392423_01562515.jpg


 そして、レギュラーCコースの「デコレーションケーキ」を作られたのはNさん。先日お式を挙げられたばかりの新婚さんです。彼のお誕生日だからと、ちょっと順番を入れ替えての受講でした。今はまだ苺が出回っていないので、候補を挙げたフルーツの中から選んでもらいました。チョコスポンジにガナッシュクリームの組み合わせに、トッピングはバナナ。それだけだとちょっと淋しい印象なので、刻んだピスタチオとフリーズドライのラズベリーも乗せて。ふたりで過ごす特別な日。これからもどうぞお幸せに。。。

作品紹介その7_a0392423_01562592.gif
↑いつも応援クリックありがとうございます。

作品紹介その7_a0392423_01562582.gif
↑こちらも参加中です、どうぞよろしく。

by farine12 | 2007-09-18 23:51 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る