6月のお菓子・くずぷりん


6月のお菓子・くずぷりん_a0392423_23165688.jpg


 葛粉を使ったひんやりデザートが出来ないかなぁ、和ではなくて洋菓子で…と思いはじめたのは、かれこれ1年前のことでした。友人が差し入れてくれたデザートが美味しかったので、いつか研究してみようと思っていたのですが…最近になってやっとチャレンジ(笑)。何回も試作して、柔らかすぎず、硬すぎない、ちょうど良い分量を見つけられたように思います。

 これまで粉工房で「プリン」と云えば「オーブンで蒸し焼き40分」が基本でしたが、昨年の暑い夏で「時短のためには蒸し器もOK」かなと思えるようになり、いろいろと工夫してみるようになりました。オーブンで焼いたときの、表面の皮が張った感じ、焼き色のついた感じをとても愛しているので、蒸し器で作る「どこまでもなめらか」な感じが物足りないと思っていたのですね。今は蒸し器タイプも好きになりました。

 そんな経緯もあって、蒸し器を通り越してさらにひと工夫したものをご紹介できたらいいなぁとたどり着いたのが「くずぷりん」。とろりとしていて、どことなくもっちりした食感で。云われなければわからない、というひとも、ひとくち食べて何かが違う、というひとも。反応はそれぞれですが、とにかくお鍋ひとつで、ささっとできるのが利点です!加熱時間も5~6分というところ。あっという間に出来上がります。


6月のお菓子・くずぷりん_a0392423_23165609.jpg


 固まると「つるん」と一個の塊のようになりますので、器の材質を問わず、渕とプリンとの間にわずかに隙間ができます。カラメルソースを上に掛けると、ほんの一瞬で隙間から下に動いていってしまい、底に溜まるのが難点。普通のカラメルソースだと、プリンがぷかぷかと浮いた感じになってしまいます。今回はいろいろ工夫して、カラメルソースにもひと手間かけました。いつもよりも、まったりした口当たりのカラメルがもっちりプリンとよく絡まってなかなか美味しいですよ。それでも、スローダウンはしていますが底に沈んで行ってしまうことは避けられないので、お持ち帰りはカラメルソースは別にして、召し上がる直前に掛けてくださいね。

 プラスチックカップ5個分のお持ち帰りで、粉工房メンバーの方は参加費3,500円、ビジターの方は参加費4,500円になります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信していただけますよう、お願いいたします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
6月のお菓子・くずぷりん_a0392423_23152968.gif

にほんブログ村



by farine12 | 2015-05-28 23:50 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou