ほとんど恋のように、

秦基博さんとの出逢いは一年半くらい前。たまたまつけたテレビで流れていたPVの声に揺さぶられたのでした。それからはYouTubeで検索して聴いたり、テレビでのライブ映像に釘づけになったり。ちらりと顔が見られれば「きゃ♪」と一日うふふ、な状態。でも、こんなに好きなのにCDは持っていなかったのです…だって絶対、何も手につかないですもの。聴きながすことができない(笑)。たぶん歌詞カードを眺めながら、CDまるまる一枚分、聴き入ってしまいそうで、なんだか怖かったのでした。

 温かみと切なさが混在する独特の声に自身で作った歌詞と曲。かなり惹き込まれます。自分と他者との距離感を描くときに、ちょっぴり物足りなさを感じるのは世代の差かな、とも思いますが(笑)日常生活の中にじわりと溶け込んだ想いを表現するのが本当に上手。いろいろおススメしはじめたら際限なく語ってしまうので、今回は1曲だけ。ファーストアルバムからですが・・・





♪ あなたといつか見た風景 なおさら愛しくなるよ
  胸の中のシャッターをきって焼きつけよう

  いつもここにいるよ 陽だまりに触れてるみたい
  ほら あたたかくて どこか恥ずかしいような
  いつも側にいてくれたの?  僕も少し強くならなきゃね
  あなたを守れるように やさしくいられるように   ♪

     −秦基博 「風景」−



 歌詞をこうして眺めてみると、個性的な言葉を多用するわけでもなく、どちらかといえばさりげなさすぎるくらいですが、彼の声が重なると、とっても特別なものに聴こえてくるから不思議。「声」という肉体を使って自己表現できるって本当に素敵だなぁとしみじみ思います。

( 最初は別の曲(aikoのカヴァー曲)のUPしたのですが、著作権が厳しいらしく、You Tube側で画像削除されたようなので、曲を差し替えました。ちょっと残念。)

by farine12 | 2010-02-19 16:55 | はなうた♪/Humming♪ | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る