6月のお菓子・チョコミントムース

6月のお菓子・チョコミントムース_a0392423_00203639.jpg

 6月の単発レッスン最後のご紹介は「チョコミントムース」。3年振り再登場…?かなと思います。

 イラストで見かけるようなお菓子を作ってみたいな。と、最初にデザイン画を描いてからレシピを組んだことを思い出します。ココアスポンジにホワイトチョコとモナングリーンミントシロップを使ったミントムースを交互に重ねて。やっぱり粒々のチョコが覗いている方が「チョコミント感」がハッキリするので、クレープなどによく使われるチョコスプレーを混ぜ込んでいるんですよ♪

 トップにはココアで作ったグラサージュをたらりん、と掛けてドリップケーキ風にしています。




6月のお菓子・チョコミントムース_a0392423_00203913.jpg


 ガナッシュではなくココアで作ったゼリーのようなグラサージュなので、濃厚すぎないのがかえって美味しいんです♪ブルーとグリーンに染めたホイップクリームをミックスして絞り出して仕上げます。注意点や細かいコツが多いのでHPでは難易度を高めにご紹介していますが、パーツとしては「ココアスポンジ」「ミントムース」「グラサージュ」「ホイップクリーム」の4つですから複雑なわけではありません。チョコミント好きの方はぜひご参加下さいね~♪こちらは冷凍も可能なので、アイスケーキのように楽しんでいただくこともできますよ。

 参加費は粉工房メンバーの方は4,300円、ビジターの方は5,300円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


# by farine12 | 2024-05-30 00:11 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

6月のお菓子・マンゴーと杏仁

6月のお菓子・マンゴーと杏仁_a0392423_00202370.jpg

 ご紹介するたびに大好評でレシピ本にも登場した「杏仁豆腐」をベースにフレッシュマンゴーを乗せてアガーゼリーで閉じ込めました。5~6年振りの再登場でしょうか。ふるん・とろりん、とした滑らかな喉ごしが気温も上がってくるこれからの季節にピッタリですね~♪

 ガス台の前でしばらくつきっきりでかき混ぜないといけないので、作っているそのときは暑いのですけれど、ゼラチンとも寒天とも違う滑らかさを体験して頂きたいな、と思っています。

 6コ分のお持ち帰りでマンゴーの種類によってトップの色合いが結構変わりますのでご承知ください。参加費は粉工房メンバーの方は4,500円、ビジターの方は5,500円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

 

# by farine12 | 2024-05-29 00:18 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

6月のお菓子・アーモンドとチーズ

6月のお菓子・アーモンドとチーズ_a0392423_22121829.jpg

 「父の日」のギフトにも使えそうですし、お酒好きの友人へのお裾分けにも、甘いものがニガテなひとに差し上げるのにもオススメの「アーモンドとチーズ」。確か5年前にデビューしていますね♪

 バレンタイン時に登場率の高かった「アマンドショコラ」で、チョコを絡める前のキャラメリゼしたアーモンドにブラックペッパーをまぶしたものを一粒味見して貰うのが楽しみで。スパークリングワインにすっごく似合うんですよ!と力説しては「呑兵衛」扱いされてきたわけですが(笑)、一粒ではなくそれをメインにしてしまおう!と考えたのでした。どうしたら効率良く粗挽きブラックペッパーをまぶせるか!と試作して、結構しっかりとまぶしております(笑)。ピリリと爽やかな辛さがアーモンドの香ばしさとほんとうによく似合うのです♪

 そしてちっちゃなチーズクッキーを焼いて同じ缶に詰めることに。こちらはチリパウダーなどを加えて、風味豊かに。缶を開けて「おつまみ」が完結したら、ちょっと楽しいかなと思ったんです♪



6月のお菓子・アーモンドとチーズ_a0392423_22122112.jpg

 プレーン缶角B-1 2缶に詰めて残りを↑小袋に分けてもいいですし、全てを小袋にして4~5人に分けてもいいですし、当日ご希望をお知らせくださいね。

 参加費は粉工房メンバーの方は4,300円、ビジターの方は5,300円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


# by farine12 | 2024-05-28 00:03 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

6月のお菓子・チェリーパイ

6月のお菓子・チェリーパイ_a0392423_12373059.jpg

 2~3年前に某ケーキショップにて「チェリーパイ」を買ったときのこと。すっぱ~い!のに、あま~い!でちょっとした衝撃でした(笑)。有名ショップの「レモンメレンゲパイ」を食べそびれたことを数件前のブログに書きましたが、ほんと、改めて思い返してみたら、意外と「食べてない」ものって多いんです。「チェリーパイ」「ピーチパイ」もそうですね~、何故なんでしょう(笑)。

 ハナシが逸れましたが、その某店のチェリーパイを食べながら、あぁきっとこういう材料でこんなふうに配合組んでいるんだろうなぁ…わたしだったらこうしたいかな~、なんて考えていたのに、すっかり記憶のはじっこに押し込んでいたことを思い出したのでカタチにしました(笑)。



6月のお菓子・チェリーパイ_a0392423_12373380.jpg

 パイ生地は手軽な「パート・ブリゼ」ですが、普段よりもちょっとバター多め。サックリ仕上がりますが、その分生地がベタつきやすいので扱いには注意が必要です。真夏のチャレンジはやめておく方が無難ですよ~(笑)

 そして肝心のチェリー部分は、フレッシュなアメリカンチェリーを種取りしたものと 冷凍サワーチェリー を混ぜて使いますよ~♡ 缶詰のサワーチェリー100%だと砂糖をいっぱい使うことになるので、アメリカンチェリーでバランスを取ります。ひとくちずつ交互に楽しめるような、飽きの来ない味に仕上げることが出来ました。

 お好みでバニラアイスやホイップクリームを添えれば、映画のワンシーンの中に入った気分になれそうです♪

 18cmタルト型で作製、参加費は粉工房メンバーの方は4,500円、ビジターの方は5,500円となります。生地作りと敷き込みに多少コツがありますが、フィリング作りはとっても楽にしてあります。冷凍チェリーはコッタさん・富澤商店さんともに1kgのものしか扱いがなさそうです。おうちで作りたい方はお分けできますのでお声を掛けてくださいね。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。


# by farine12 | 2024-05-27 00:08 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

6月のお菓子・バスク風コーヒーマーブル

6月のお菓子・バスク風コーヒーマーブル_a0392423_12371607.jpg


 空前のブームが落ち着いてすっかり定番人気となった「バスクチーズケーキ」。たっぷりのクリームチーズにさらに生クリームもしっかり入るので、美味しいけれどなかなかなハイカロリー、ということも含めて、認知されてる印象ですよね(笑)。これまでプレーン、抹茶マーブル、ココアマーブル、とご紹介してきてどれも人気だったのですが、4月頃にふと思いついて生クリームを豆乳ホイップクリームに置き換えたところ…試食された方々から大絶賛だったのです♪



6月のお菓子・バスク風コーヒーマーブル_a0392423_12372010.jpg

 せっかく豆乳ホイップで新たに登場させるなら何のフレーバーがいいのかなぁと考えてコーヒーにしてみました。ほろ苦さと、微かな酸味がすっきりと映えます。たぶん普通の生クリームで作ると「ミルクっぽさ」のほうが勝ってしまいそう。濃厚チーズが大好きなひとには物足りないかもしれませんが、フレーバーでマーブルを作る場合は豆乳ホイップのほうがしっかり風味が感じられそうです!豆乳ホイップは液体としてとても重みがあるので、型に流し入れるとき普段とぜんぜん違うんですよ(笑)。そしてひとくち食べたときも、クリーミーではあるけれど口の中での滞在時間が長くなるような感じ。だからこそ「ミルクっぽさ指数」が低くなってさっぱり感はあっても満足度は高い、みたいな…う~ん、説明が難しい(笑)

 試食された方々が「さっぱりしてる!」「食べやすい!」「むしろこっちのほうが好きです!」と熱量高めでお話しされていたので、メニューに加えて良かった~♪と思っています。これでカロリーも抑えられていたら最高なんですが、先ほど改めて確認したら、残念!差はありませんでした(笑)

 15cmの丸型で作製です。オーブンシートをくしゃっと敷き込んで焼き上げますので、側面を剥がすときにそっと丁寧に剥がしてくださいね。崩れる心配はないので冷蔵便で送ることも可能ですよ。
 
 参加費は粉工房メンバーの方は4,500円、ビジターの方は5,500円となります。お申し込みはstudio-konakoubou☆r04★itscom★net (☆をアットマークに、★をドットにしてください)まで、タイトルは「問い合わせ」または「レッスン参加希望」にしてください。初回ご参加の方はお名前、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、ご希望の日時を第3候補まで挙げて頂けたらと思います。3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信してくださいますよう、お願いします。

↓参加しています。応援のクリックどうぞよろしく。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


# by farine12 | 2024-05-26 00:17 | 教室でのあれこれ/Things in My Class | Comments(0)

創作スタジオ粉工房のブログ。レッスンの様子や日々のあれこれを綴ります。


by Konakoubou